【WordPress】PCとスマホで表示する要素を自在に切り替える条件分岐
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. 【WordPress】PCとスマホで表示する要素を自在に切り替える条件分岐

最近の作業実績

  • 2022年10月18日不要になっていたコンテンツをサイト内から除去いたしました。
  • 2022年10月17日サイト内の画像が表示されない不具合を修正いたしました。
  • 2022年10月16日サイト内で発生した大量の404エラーを修正いたしました。
  • 2022年10月15日既存サイトの各所を簡単に更新できる機能を追加いたしました。
  • 2022年10月14日過去記事を定期的に自動ツイートする機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月13日サイト内の広告を一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月12日既存サイトのトップページを再構築いたしました。
  • 2022年10月11日クラシックエディターで管理されていたコンテンツをブロックエディターで再構築いたしました。
  • 2022年10月10日複数のサイトの更新情報を一括表示させる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月09日WordPressの管理画面にオリジナルの管理ページを実装いたしました。
  • 2022年10月08日コンタクトフォーム7で構築されたフォームに確認画面とサンクスページを導入いたしました。
  • 2022年10月07日既存サイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2022年10月06日フッターのレイアウトを再設計いたしました。
  • 2022年10月05日既存サイトのカラーを一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月04日新規ページを5ページ作成いたしました(デザイン込み)。
  • 2022年10月03日訪問者に閲覧履歴を表示する機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月02日ログインできなくなったWordPressを復旧いたしました。
  • 2022年10月01日オリジナルテーマの制作を担当いたしました。
  • 2022年09月30日破損していたテーマを修正いたしました。
  • 2022年09月29日アフィリエイト審査用のサイト立ち上げを担当いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

【WordPress】PCとスマホで表示する要素を自在に切り替える条件分岐

この投稿は2019/05/04に加筆修正いたしました。

PCとスマホで表示する要素を自在に操る条件分岐をご紹介します。 レスポンシブデザインのサイトを作る時、知っておくと便利なコードです。 5分で理解できる内容ですので、この機会にマスターしてはいかがでしょうか?

この記事は約 6 分で読めます。

レスポンシブデザインのWEBサイトの場合、以下の様にPCとスマホで表示する要素を切り替えたいケースが多くあります。

・PCとスマホで表示させる要素を別々にする。
・PCでは要素を表示させるが、スマホでは要素を非表示にする。
・PCでは要素を非表示にするが、スマホでは要素を表示させる。

CSSであれば、メディアクエリを使って「display:none」と「display:block」で要素の表示非表示を操作することができます。デバイスの横幅を基準に、表示非表示を切り替えるやり方ですね。

今回はこれとは別のやり方をご紹介します。
サイトにアクセスしているデバイスを判別して表示非表示を切り替えるやり方です。

PCで観覧している場合は要素Aを表示させるが、スマホなら要素Bを表示させる。
PCで観覧している場合は要素を表示させるが、スマホなら非表示にする。
PCで観覧している場合は要素を非表示にするが、スマホでは要素を表示させる。

WordPressの関数「wp_is_mobile()」を使えば、上記のようにデバイスを判別して要素の表示非表示を切り替えることができます。

やり方を詳しく見ていきましょう。

wp_is_mobile()ってどんな関数なの?

wp_is_mobile()とは、「Mobile」や「Android」のモバイル端末特有の文字列がユーザーエージェントに含まれている場合、モバイルからのアクセスだと判断して条件分岐することができる関数です。

この条件分岐があれば、「モバイルからのアクセスだから○○、それ以外(PC)からのアクセスだから○○」と条件分岐することができます。

wp_is_mobile()は、ユーザーエージェントに以下の文字列が含まれている場合、モバイル端末からのアクセスだと判断します。

  • iPod Touch
  • iPhone
  • iPad
  • Android
  • Kindle
  • BlackBerry
  • Windows Phone
  • Opera Mini
  • Opera Mobile
  • Silk

上記を見ても分かりますが、wp_is_mobile()は「iPad」などのタブレットからのアクセスも、モバイル端末からのアクセスだと判断します。

wp_is_mobile()では、PCとスマホで条件分岐することができますが、PCとタブレットとスマホで条件分岐することはできません。

つまり、PCなら要素A、タブレットなら要素B、スマホなら要素Cという条件分岐はできないということです。

wp_is_mobile()を使ってPCとスマホで要素を自在に切替える手順

wp_is_mobile()を使ってPCとスマホで要素を自在に操る方法を詳しく解説していきます。

手順1:wp_is_mobile()をテーマで有効化する

使用中のテーマでwp_is_mobile()が利用できるようにしましょう。
方法は簡単で、以下のコードをfunctions.phpに追記するだけです。

function is_mobile(){
$useragents = array(
'iPhone', // iPhone
'iPod', // iPod touch
'Android.*Mobile', // 1.5+ Android *** Only mobile
'Windows.*Phone', // *** Windows Phone
'dream', // Pre 1.5 Android
'CUPCAKE', // 1.5+ Android
'blackberry9500', // Storm
'blackberry9530', // Storm
'blackberry9520', // Storm v2
'blackberry9550', // Storm v2
'blackberry9800', // Torch
'webOS', // Palm Pre Experimental
'incognito', // Other iPhone browser
'webmate' // Other iPhone browser

);
$pattern = '/'.implode('|', $useragents).'/i';
return preg_match($pattern, $_SERVER['HTTP_USER_AGENT']);
}

手順2:条件分岐でPCとスマホの要素を自在に切り替える。

ここでご紹介するコードは、テーマファイルの中でしか動作しません。
投稿や固定ページ内で使用したい場合は、後述する説明を確認してください。

PCとスマホで要素を切り替えたい場合

PCとスマホで要素を切り替えたい箇所に、以下のコードを記述します。

<?php if (is_mobile()) :?>
スマホからの観覧時に表示させる内容を記述します。
<?php else: ?>
PCからの観覧時に表示させる内容を記述します。
<?php endif; ?>

PCで観覧している場合は要素を表示、スマホなら非表示にする場合

PCで観覧している場合は要素を表示させるが、スマホなら非表示にする場合は、以下の様なコードを記述します。

<?php if (is_mobile()) :?>
<?php else: ?>
PCからの観覧時に表示させる内容を記述します。
<?php endif; ?>

スマホからの観覧時に表示させるコンテンツを記述しないことで、スマホから観覧した時は何も表示されません。PCから観覧した時は、PCからの観覧時に表示させる内容が表示されます。

PCで観覧している場合は要素を非表示、スマホでは表示する場合

PCで観覧している場合は要素を非表示にするが、スマホでは要素を表示させる場合は、以下の様なコードを記述します。

<?php if (is_mobile()) :?>
スマホからの観覧時に表示させる内容を記述します。
<?php else: ?>
<?php endif; ?>

PCからの観覧時に表示させるコンテンツを記述しないことで、PCから観覧した時は何も表示されません。スマホから観覧した時は、スマホからの観覧時に表示させる内容が表示されます。

まとめ

PCとスマホで表示する要素を自在に操る条件分岐に関してまとめてみました。

レスポンシブデザインのサイトを作る時、よくお世話になるコードです。
スマホの利用者数が増え続けている現在、覚えておいて損のないコードです。

この機会にマスターしてはいかがでしょうか?

よく使う条件分岐を42種類を以下の記事にまとめてみたのでご確認ください。
【保存版】WordPressの条件分岐を42個まとめてみました!

Wordpressのカスタマイズや不具合など
何かお困りのことはありませんか?

Wordpressに関連するあなたのお悩み、解決いたします。
次のような方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトに不具合が発生したが、直し方が分からない。不具合の修正経験が豊富な人に任せたい。
  • 既存サイトにWordPressを導入したいが、やり方が複雑で自分ではできそうにもない。経験が豊富な人に任せたい。
  • WordPressがハッキングされたが修正の仕方が分からない。サイトを元通りにできる人を探している。
  • Wordpressで0からサイトを制作したいが、自分ではできそうにもない。プロにサイト制作を委託したい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressに関して今すぐ相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA