【WordPress】PCとスマホで表示する要素を自在に操る条件分岐
  • 【WordPress】PCとスマホで表示する要素を自在に操る条件分岐
  • 記事公開:2018/03/08
  • 最終更新:-------------

【WordPress】PCとスマホで表示する要素を自在に操る条件分岐

PCとスマホで表示する要素を自在に操る条件分岐をご紹介します。 レスポンシブデザインのサイトを作る時、知っておくと便利なコードです。 5分で理解できる内容ですので、この機会にマスターしてはいかがでしょうか?

この記事は約 8 分で読めます。

レスポンシブデザインのWEBサイトの場合、以下の様にPCとスマホで表示する要素を代えたいケースが多くあります。

・PCとスマホで表示させる要素を別々にする。
・PCでは要素を表示させるが、スマホでは要素を非表示にする。
・PCでは要素を非表示にするが、スマホでは要素を表示させる。

CSSであれば、メディアクエリを使って「display:none」と「display:block」で要素の表示非表示を操作することができます。デバイスの横幅を基準に、表示非表示を切り替えるやり方ですね。

今回はこれとは別のやり方をご紹介します。
サイトにアクセスしているデバイスを判別して表示非表示を切り替えるやり方です。

PCで観覧している場合は要素Aを表示させるが、スマホなら要素Bを表示させる。
PCで観覧している場合は要素を表示させるが、スマホなら非表示にする。
PCで観覧している場合は要素を非表示にするが、スマホでは要素を表示させる。

WordPressの関数「wp_is_mobile()」を使えば、上記のようにデバイスを判別して要素の表示非表示を切り替えることができます。

やり方を詳しく見ていきましょう。

wp_is_mobile()ってどんな関数なの?

wp_is_mobile()とは、「Mobile」や「Android」のモバイル端末特有の文字列がユーザーエージェントに含まれている場合、モバイルからのアクセスだと判断して条件分岐することができる関数です。

この条件分岐があれば、「モバイルからのアクセスだから○○、それ以外(PC)からのアクセスだから○○」と条件分岐することができます。

wp_is_mobile()は、ユーザーエージェントに以下の文字列が含まれている場合、モバイル端末からのアクセスだと判断します。

  • iPod Touch
  • iPhone
  • iPad
  • Android
  • Kindle
  • BlackBerry
  • Windows Phone
  • Opera Mini
  • Opera Mobile
  • Silk

上記を見ても分かりますが、wp_is_mobile()は「iPad」などのタブレットからのアクセスも、モバイル端末からのアクセスだと判断します。

wp_is_mobile()では、PCとスマホで条件分岐することができますが、PCとタブレットとスマホで条件分岐することはできません。

つまり、PCなら要素A、タブレットなら要素B、スマホなら要素Cという条件分岐はできないということです。

wp_is_mobile()を使ってPCとスマホで要素を自在に操る手順

wp_is_mobile()を使ってPCとスマホで要素を自在に操る方法を詳しく解説していきます。

手順1:wp_is_mobile()をテーマで有効化する

使用中のテーマでwp_is_mobile()が利用できるようにしましょう。
方法は簡単で、以下のコードをfunctions.phpに追記するだけです。

function is_mobile(){
$useragents = array(
'iPhone', // iPhone
'iPod', // iPod touch
'Android.*Mobile', // 1.5+ Android *** Only mobile
'Windows.*Phone', // *** Windows Phone
'dream', // Pre 1.5 Android
'CUPCAKE', // 1.5+ Android
'blackberry9500', // Storm
'blackberry9530', // Storm
'blackberry9520', // Storm v2
'blackberry9550', // Storm v2
'blackberry9800', // Torch
'webOS', // Palm Pre Experimental
'incognito', // Other iPhone browser
'webmate' // Other iPhone browser

);
$pattern = '/'.implode('|', $useragents).'/i';
return preg_match($pattern, $_SERVER['HTTP_USER_AGENT']);
}

手順2:PCとスマホで要素を条件分岐で自在に操ってみる。

ここでご紹介するコードは、テーマファイルの中でしか動作しません。
投稿や固定ページ内で使用したい場合は、後述する説明を確認してください。

PCとスマホで要素を切り替えたい場合

PCとスマホで要素を切り替えたい箇所に、以下のコードを記述します。

<?php if (is_mobile()) :?>
スマホからの観覧時に表示させる内容を記述します。
<?php else: ?>
PCからの観覧時に表示させる内容を記述します。
<?php endif; ?>

PCで観覧している場合は要素を表示、スマホなら非表示にする場合

PCで観覧している場合は要素を表示させるが、スマホなら非表示にする場合は、以下の様なコードを記述します。

<?php if (is_mobile()) :?>
<?php else: ?>
PCからの観覧時に表示させる内容を記述します。
<?php endif; ?>

スマホからの観覧時に表示させるコンテンツを記述しないことで、スマホから観覧した時は何も表示されません。PCから観覧した時は、PCからの観覧時に表示させる内容が表示されます。

PCで観覧している場合は要素を非表示、スマホでは表示する場合

PCで観覧している場合は要素を非表示にするが、スマホでは要素を表示させる場合は、以下の様なコードを記述します。

<?php if (is_mobile()) :?>
スマホからの観覧時に表示させる内容を記述します。
<?php else: ?>
<?php endif; ?>

PCからの観覧時に表示させるコンテンツを記述しないことで、PCから観覧した時は何も表示されません。スマホから観覧した時は、スマホからの観覧時に表示させる内容が表示されます。

まとめ

PCとスマホで表示する要素を自在に操る条件分岐に関してまとめてみました。

レスポンシブデザインのサイトを作る時、よくお世話になるコードです。
スマホの利用者数が増え続けている現在、覚えておいて損のないコードです。

この機会にマスターしてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2017-12-11

    もう悩まないで!WordPressでタイトルの文字数を制限して取得する方法

    WordPressでタイトルの文字数を制限して取得する方法 TOPページに新着情報を表示させる時など、記事のタ ... 記事を読む

  • 2016-07-20

    レスポンシブ対策!電話番号リンクをスマホの場合だけ有効にする方法

    電話番号リンクをPC表示の場合は無効にする方法をご紹介します。レスポンシブサイトで電話番号サイトを設置すると、PC表示の場合もリンクが生きており上手くありません。この辺りをサクッと解決する方法をご紹介しています。 記事を読む

  • 2015-11-14

    WordPress管理者必見!アクセス解析からサイト管理者を除外する方法

    WordPressサイトに設置したアクセス解析からサイト管理者を除外する簡単な方法をご紹介します。このコンテンツで紹介している方法ならコピペだけで管理者をアクセス解析から除外できます。興味のある方は、3分間だけコンテンツを見てください。 記事を読む

  • 2015-01-07

    WordPressのテーマを変更する方法

    WordPressのテーマは、管理画面から簡単に変更することができる。このテーマ(サイトデザイン)を簡単に変更できるのは、WordPressの大きなメリットの一つです。今回は、WordPressのテーマを変更する方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2015-10-02

    WordPressサイトで記事を投稿したら自動的にはてブする方法

    WordPressサイトで記事を投稿したら自動的にはてブする方法をご紹介します。記事を公開すると自分のアカウントで自動的にはてブするカスタマイズです。コピペだけで実装できますので、興味のある方は参考にしてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)