jQueryを使った消せる要素の作り方
MENU
  1. HOME
  2. CSS / WEB制作
  3. jQueryを使った消せる要素の作り方

最近の作業実績

  • 2021年08月03日スマホサイトにフルウィンドウで展開する開閉式メニューを実装いたしました。
  • 2021年08月02日WordPressにSmartNews対応フィードを実装いたしました。
  • 2021年08月01日カスタムイールドを導入してコンテンツを更新しやすくいたしましました。
  • 2021年07月31日トップページの構造を変更いたしました。
  • 2021年07月30日コンテンツの変更に伴うレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2021年07月29日WordPressで新規サイトを立ち上げました。
  • 2021年07月08日既存サイトのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2021年07月07日既存サイトにアニメーションを追加いたしました。
  • 2021年07月05日既存サイトにライトボックスを導入いたしました。
  • 2021年07月05日フルスクリーンナビゲーションを導入いたしました。
  • 2021年07月02日カスタムフィールドの導入と出力を担当いたしました。
  • 2021年07月01日CSVファイルを使った一括更新環境を整備いたしました。
  • 2021年06月30日WordPressとプラグインのバージョンアップを担当いたしました。
  • 2021年06月29日WordPressで発生していた不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月28日2つのWordPressサイトを統合いたしました。
  • 2021年06月22日オリジナルテーマを制作いたしました。
  • 2021年06月21日カスタムフィールド周りの不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月20日WordPressのエラーを修正いたしました。
  • 2021年06月19日SSL化の不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月18日セキュリティ対策を導入いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。
  • 2021/04/16

jQueryを使った消せる要素の作り方

今回はjQueryを使って消せる要素を作っていきたいと思います。
いきなりですが、以下の様な要素ですね。

右上のバツをクリックするとこの要素が消えます

×

右上に×印がありますが、そこをクリックしてみてください。
要素自体が非表示になります。

使い方は色々あると思います。
フッターに消せる固定広告を設置するなど。

小難しいプログラミングの知識はありません。
このページで紹介しているコードをコピペするだけでOKです。

jQueryを使った消せる要素の作り方を知りたい方は、ぜひご覧になってください。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行しております。ご希望のカスタマイズがあればお気軽にご相談ください。

jQueryを使った消せる要素の作成手順

jQueryを使った消せる要素の作成手順をご紹介していきます。
3手順で実装可能です。

  1. HTMLを作成する
  2. jQueryを実装する
  3. CSSで見た目を整える

詳しく見ていきましょう。

手順1:HTMLを作成する

まず、消せる要素を表示させたい箇所に以下のコードを記述します。

<div id="parent">
<p>ここに内容を記述します</p>
<p id="parent_button">×</p>
</div>

上記のHTMLは基本的なものです。
実装後、ご自身の好みのものに変更していただいて構いません。

手順2:jQueryを実装する

jQueryを実装します。
以下のコードをfooter.phpなどに記述してください。

<script>
$("#parent_button").on("click", function(){
$("#parent").remove();
});
</script>

簡単に説明しますと、【#parent_button】という要素をクリックすると、【#parent】という要素を非表示にすると定義しています。

jQuery本体を読み込んでいませんと、上記のコードは機能しません。
予めjQuery本体を読み込んでおいてください。

手順3:CSSで装飾する

最後にCSSで見た目を装飾します。
下記は装飾の一例です。

#parent {
width: 500px;
padding: 10px;
background: #fff;
border: 1px solid #ccc;
position: relative;

}
#parent_button {
position: absolute;
top: -7px;
right: -7px;
font-size: 120%;
background: #ccc;
width: 30px;
height: 30px;
border-radius: 50%;
line-height: 30px;
text-align: center;
cursor: pointer
}

スタイルシートなどに追記してください。
装飾は自由に変更してください。上記はあくまで一例です。

まとめ

jQueryを使った消せる要素の作り方をご紹介しました。

  1. HTMLを作成する
  2. jQueryを実装する
  3. CSSで見た目を整える

上記の手順を行いますと、以下の様な要素が作成できます。

右上のバツをクリックするとこの要素が消えます

×

使い方は色々とあると思います。
せひ、活用してください。

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA