管理者のメール確認機能に関するカスタマイズを2つご紹介
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. 管理者のメール確認機能に関するカスタマイズを2つご紹介

最近の作業実績

  • 2020年09月06日絞り込み検索機能をプラグインを使わずに実装いたしました。
  • 2020年09月06日ページネーションでページが遷移できない不具合を修正いたしました。
  • 2020年09月01日アイキャッチが未設定の場合、デフォルト画像を表示するようにカスタマイズいたしました。
  • 2020年09月01日WordPressの条件分岐が正常に動作するように修正いたしました。
  • 2020年08月31日ページネーションの不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月31日常時SSL化の不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月30日ループ部分のレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月30日カスタムフィールドに対応した絞り込み検索機能を実装いたしました。
  • 2020年08月26日アーカイブページの説明文が2P目以降に表示されないよう修正いたしました。
  • 2020年08月26日ログイン画面のエラーを修正いたしました。
  • 2020年08月26日パンくずナビをschema.orgに対応した形式で再構築いたしました。
  • 2020年08月26日サイドバーのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月26日OGPの不具合を解消いたしました。
  • 2020年07月31日アイキャッチ周りの不具合を修正いたしました。
  • 2020年07月31日WordPressサイトのサーバー移管を行いました。
  • 2020年07月24日カスタムタクソノミーに自動的にデフォルトとなるタームが設定されるようにしました。
  • 2020年07月24日セキュリティー対策を導入いたしました。
  • 2020年07月24日子テーマのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年07月24日検索結果ページにカスタムフィールドの値を基準とした並び替え機能を実装しました。
  • 2020年07月15日カスタム投稿とカスタムタクソノミーをプラグインを使わず実装いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。
  • 記事公開:2020/01/16
  • 最終更新:2020/01/04

管理者のメール確認機能に関するカスタマイズを2つご紹介

この投稿は2020/01/04に加筆修正いたしました。

WordPress5.3から【管理者のメールアドレスが正しいかをチェックする機能】が実装されました。

6ヶ月単位で【メールアドレスは最新のものですか?】と、上記の様な確認画面が表示されます。

登録しているメールアドレスが古いアドレスですと、更新通知などがメールで届かなくなります。
こういった状況を回避する目的で実装された機能です。

個人的には、メール確認の画面が6ヶ月単位で表示されるのはちょっと煩わしいと感じました。
もっと長い間隔か、あるいは機能自体を停止しても良いかと。

そこで、以下のカスタマイズを試してみましたので、その方法をシェアします。

  • 管理者のメール確認を停止する
  • 管理者のメール確認の間隔を変更する

興味のある方はご覧ください。

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

管理者のメール確認機能に関するカスタマイズ

管理者のメール確認機能に関するカスタマイズをご紹介していきます。
今回ご紹介するのは、以下2つのカスタマイズ。

  • 管理者のメール確認を停止する
  • 管理者のメール確認の間隔を変更する

個別にみていきましょう。

管理者のメール確認を停止する方法

管理者のメール確認機能自体を停止する方法です。
機能を停止すれば、今後はメール確認画面が表示されなくなります。

以下のコードを○○に追記して保存してください。

add_filter( 'admin_email_check_interval', '__return_false' );

上記のコードを追記することで、メール確認機能を停止することができます。

管理者のメール確認の間隔を変更する方法

管理者のメール確認の間隔を変更する方法です。
デフォルトの6ヶ月を任意の間隔に変更することができます。

以下のコードを○○に追記して保存してください。

function nendebcom_admin_email_check_interval(){
$admin_email_check_interval = 9 * MONTH_IN_SECONDS;
return $admin_email_check_interval;
}
add_filter( 'admin_email_check_interval', 'nendebcom_admin_email_check_interval' );

上記の場合、メール確認の間隔を9ヶ月単位に変更しています。

赤文字の【9】を任意の数値に変更してください。
例えば、【10】とすれば、10ヶ月単位でメール確認画面が表示されます。

年単位で表示させたい場合、赤文字の【MONTH_IN_SECONDS】を【YEAR_IN_SECONDS】に置き換えてください。

次に赤文字の【9】を好きな数値に変更しましょう。
【1】とすれば、1年間隔でメール確認画面が表示されるようになります。

まとめ

管理者のメール確認機能に関するカスタマイズを2つご紹介しました。

  • 管理者のメール確認を停止する
  • 管理者のメール確認の間隔を変更する

メール確認機能を停止したい、あるいは間隔を長くしたい方は参考になると思います。
簡単なカスタマイズなので、挑戦してみてください。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA