RSSフィードでショートコードを無効にする2つの方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. RSSフィードでショートコードを無効にする2つの方法

最近の作業実績

  • 2020年10月10日既存サイトをWordPressで再構築いたしました。
  • 2020年10月04日WordPress各ユーザーのユーザー名を変更いたしました。
  • 2020年10月04日PHPのバージョンアップに伴うデータベース確立エラーを解消いたしました。
  • 2020年10月04日WordPressサイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2020年10月04日複雑怪奇なテーマ構造の一部を分かりやすく再構築いたしました。
  • 2020年10月04日既存サイトにWordPressを導入いたしました。
  • 2020年09月29日WordPress、プラグイン、テーマ、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2020年09月29日WordPressのセキュリティ対策を導入いたしました。
  • 2020年09月22日WordPressのパスワードをデータベースから直接変更いたしました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマにオリジナルのPHPファイルを実装いたしました。
  • 2020年09月21日CRONが正常に動作しない不具合を解消いたしました。
  • 2020年09月21日掲載している動画をレスポンシブに対応させました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマをレスポンシブ化いたしました。
  • 2020年09月21日メールフォームの送信先をアクセス経路ごとに分岐できるようにいたしました。
  • 2020年09月06日絞り込み検索機能をプラグインを使わずに実装いたしました。
  • 2020年09月06日ページネーションでページが遷移できない不具合を修正いたしました。
  • 2020年09月01日アイキャッチが未設定の場合、デフォルト画像を表示するようにカスタマイズいたしました。
  • 2020年09月01日WordPressの条件分岐が正常に動作するように修正いたしました。
  • 2020年08月31日ページネーションの不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月31日常時SSL化の不具合を修正いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。
  • 記事公開:2020/10/10
  • 最終更新:2020/10/04

RSSフィードでショートコードを無効にする2つの方法

この投稿は2020/10/04に加筆修正いたしました。

WordPressのRSSフィードで、ショートコードを無効化したい。
そんな風に考えたことってありませんか?

このコンテンツでは、RSSフィード内でショートコードを無効にする方法を解説しています。

  • RSSフィードではショートコードを展開しない
  • RSSフィードの場合はショートコードを取り除く

二つの方法を解説していますので、ご自身の環境にあった方法を参考にしてください。

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

RSSフィードではショートコードを展開しない方法

ショートコードに、RSSフィードでは展開しないという記述を追記します。

function shortcode_test() {
if (is_feed()) return '';
return "ここに定型文を記述します。";
}
add_shortcode('shortcode_01', 'shortcode_test');

赤文字部分が、RSSフィード内ではショートコードを展開しないと定義づけている部分です。
RSSフィード内で展開したくないショートコードを上記の様に修正してください。

修正できたら、RSSフィード内でショートコードが展開されていないことを確認しましょう。
ショートコードが展開されていなければ、カスタマイズは成功です。

こちらの方法は、ショートコードごとにカスタマイズが必要となります。無効化したいショートコードと、有効化したいショートコードがある場合は、こちらの方法がオススメです。

RSSフィードの場合はショートコードを取り除く方法

こちらは、全てのショートコードを無効化するときにお勧めの方法です。
以下のコードをfunctions.phpに追記します。

function short_code_invalid ($content) {
if (is_feed()) {
$content = strip_shortcodes($content);
}
return $content;
}
add_filter('the_content', 'short_code_invalid');

上記のコードを記述すると、全てのショートコードがRSSフィードから除外されます。

RSSフィード内でショートコードが除外されていることを確認しましょう。
ショートコードが除外されていれば、カスタマイズは成功です。

まとめ

RSSフィードでショートコードを無効にする2つの方法をご紹介しました。

  • RSSフィードではショートコードを展開しない
  • RSSフィードの場合はショートコードを取り除く

いずれも、簡単に行える方法です。
興味のある方は、コンテンツの解説を読んで、挑戦してみてください。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA