WordPressの現行バージョンを調べる3つの方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / セキュリティ対策
  3. WordPressの現行バージョンを調べる3つの方法

最近の作業実績

  • 2020年10月28日カスタム投稿専用のカレンダーウィジェットを実装いたしました。
  • 2020年10月28日内部SEO対策を最適化いたしました。
  • 2020年10月28日WordPressサイトのサーバー移管を行いました。
  • 2020年10月28日新規サイト(WordPress)を制作いたしました
  • 2020年10月10日既存サイトをWordPressで再構築いたしました。
  • 2020年10月04日WordPress各ユーザーのユーザー名を変更いたしました。
  • 2020年10月04日PHPのバージョンアップに伴うデータベース確立エラーを解消いたしました。
  • 2020年10月04日WordPressサイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2020年10月04日複雑怪奇なテーマ構造の一部を分かりやすく再構築いたしました。
  • 2020年10月04日既存サイトにWordPressを導入いたしました。
  • 2020年09月29日WordPress、プラグイン、テーマ、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2020年09月29日WordPressのセキュリティ対策を導入いたしました。
  • 2020年09月22日WordPressのパスワードをデータベースから直接変更いたしました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマにオリジナルのPHPファイルを実装いたしました。
  • 2020年09月21日CRONが正常に動作しない不具合を解消いたしました。
  • 2020年09月21日掲載している動画をレスポンシブに対応させました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマをレスポンシブ化いたしました。
  • 2020年09月21日メールフォームの送信先をアクセス経路ごとに分岐できるようにいたしました。
  • 2020年09月06日絞り込み検索機能をプラグインを使わずに実装いたしました。
  • 2020年09月06日ページネーションでページが遷移できない不具合を修正いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。
  • 記事公開:2020/01/07
  • 最終更新:2020/01/04

WordPressの現行バージョンを調べる3つの方法

この投稿は2020/01/04に加筆修正いたしました。

WordPressの現行バージョンをチェックしたい場合ってありませんか?

自分のWordPressがどのバージョンを使っているのか知りたいというシーンはあるかと思います。
常に最新バージョンに更新していない方には特に多いのではないでしょうか。

WordPressの現行バージョンをチェックする方法には、大きく3つの方法があります。

  • 管理画面のダッシュボードから現行バージョンを確認する方法
  • PHPを実行して現行バージョンを確認する方法
  • version.phpから現行バージョンを確認する方法

誰でも簡単にチェックできる方法ですので、興味のある方はご覧ください。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

管理画面のダッシュボードから現行バージョンを確認する方法

管理画面のダッシュボードに【概要】というパネルがあるかと思います。
この【概要】パネルで、WordPressの現行バージョンを確認することができます。

上記の赤文字部分に記述されているのが、WordPressの現行バージョンです。
上記の画像の場合、バージョンは【5.3】です。

ダッシュボードに【概要】パネルが表示されていない場合、ダッシュボードの右上にある【表示オプション】をクリック、展開したエリアにある【概要】をチェックしてください。

上記の赤枠部分にチェックを入れると、ダッシュボードに【概要】パネルが表示されます。

PHPを実行して現行バージョンを確認する方法

テーマの【footer.php】の最下部に、以下のコードを追記して保存してください。

<?php if( is_user_logged_in() ) : ?>
<?php bloginfo('version'); ?>
<?php endif; ?>

上記のコードを追記してからサイトの確認しますと、ページの最下部に現行バージョンが表示されます。

5.3

上記の場合、WordPressの現行バージョンは【5.3】です。

こちらの数値は、WordPressの管理画面にログインしている管理者のみに表示されます。
一般の訪問者が見ても、サイトの最下部に現行バージョンは表示されません。

現行バージョンの確認が済んだら、追記したコードは必ず削除しておきましょう。

version.phpから現行バージョンを確認する方法

FTPで【wp-includes/】にアクセスすると【version.php】というファイルがあります。
この【version.php】をダウンロードしてファイル内に記載されているバージョンを確認する方法です。

FTPソフトなどから【version.php】をローカル環境にダウンロードしてください。
続けて、【version.php】を【TeraPad】などPHPファイルが開けるテキストエディターで開きます。

$wp_version = '5.3';

ファイルの中を確認すると、上記の様な表記があります。
上記の場合、現行のバージョンは【5.3】となります。

上記のコードを探す場合は、テキストエディターの検索機能で【$wp_version】を探すのが早いと思います。

まとめ

WordPressの現行バージョンを調べる3つの方法をご紹介しました。

  • 管理画面のダッシュボードから現行バージョンを確認する方法
  • PHPを実行して現行バージョンを確認する方法
  • version.phpから現行バージョンを確認する方法

一番簡単なのは管理画面のダッシュボードから確認する方法です。
その他の方法でも確認できますので、興味のある方は試してみてください。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA