これ便利!記事公開時にpoketに自動的に記事をポケットするカスタマイズ。
  • これ便利!記事公開時にpoketに自動的に記事をポケットするカスタマイズ。
  • 記事公開:2015/10/07
  • 最終更新:-------------

これ便利!記事公開時にpoketに自動的に記事をポケットするカスタマイズ。

WordPressで記事を公開する時にpoketに記事を自動的にポケットするカスタマイズをご紹介します。記事公開時に自動的にポケットされたい方は参考にしてください。コピペだけで1分後には自動ポケット出来るようになります。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

記事公開時にpoketに自動的にポケットする。

私は、公開した記事をポケットに保存しておき、時間を空けてから再確認するようにしています。

書いた時には素晴らしいと思っていた記事も、後から読み返すと修正したほうが良い個所が、チラホラと目につくからです。

こんな時、ポケットに保存しておけば、移動中やカフェなどでサクッと記事の確認ができます。

これまでは、手動でポケットへ保存していたのですが、面倒になった来たので、記事公開時に自動的にポケットへ保存するカスタマイズを行ってみました。

予想以上に簡単なカスタマイズなので、シェアさせていただきます。

記事公開時にpoketに自動的にポケットする方法

ポケットには、メールで記事を保存する機能が標準装備されています。

つまり、記事を公開した時にその記事のURLを本文に記入したメールをポケットに送信すれば、自動的にポケットに記事を保存することが出来るわけです。

このカスタマイズ方法は、functions.phpにコードを追記するだけでOKです。
以下のコードをfunctions.phpにコピペして保存してください。

function auto_poket($post_id) {
$post = get_post($post_id);
$url = get_permalink($post);
$send_title = $post->post_title;
$send_content = $url;
wp_mail('add@getpocket.com',$send_title,$send_content,'From:ここにポケットに登録しているメールアドレス'
);
return;
}
add_action( 'publish_post', 'auto_poket', 1 ,6);

【ここにポケットに登録しているメールアドレス】の部分を、ポケットに会員登録する際に登録したメールアドレスに書き換えてください。

これで、記事を公開したタイミングでポケットに記事が自動保存されます。

まとめ

記事公開時にpoketに自動的に記事をポケットする方法をご紹介しました。

需要があるカスタマイズなのかは、正直分かりませんがシェアしておきます。
興味のある方は、コピペだけでできるカスタマイズなので参考にしてください。

このコンテンツがあなたのお役に立てれば幸いです。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-01-29

    WordPressの投稿エディターから消えたスクロールバーを再表示させる方法

    WordPressの投稿エディタから消えたスクロールバーを再表示させる方法をご紹介します。WordPress4.0から最大行表示エディターという機能が実装され、ブラウザの高さ一杯にエディタが広がっていく仕様(スクロールバーが表示されない)になりました。使いにくいと感じている方は、スクロールバーを再表示させましょう。 記事を読む

  • 2016-03-11

    【WordPress】ショートコードの作り方と使い方

    WordPressのショートコードに関して詳しく解説しています。WordPressのショートコードをマスターしたい方は必読のコンテンツです。興味のある方は6分間だけこのコンテンツを読んでみてください。 記事を読む

  • 2016-02-03

    複数のWordPressプラグインをまとめてインストールする方法

    複数のWordPressプラグインをまとめてインストールする方法をご紹介します。プラグインを一括でインストールされたい方は必見です。3分後には複数のプラグインをサクッとインストールできるようになっています。 記事を読む

  • 2017-08-12

    既存サイトをWordPress化する6つのメリットと2つのデメリットをまとめてみました

    既存サイトをWordpress化するサービスを運営していると、既存サイトをWordpress化するメリットってなんですか?と聞かれることが多々あります。そこで、既存サイトをWordpress化するメリットをまとめてみました。 記事を読む

  • 2016-10-10

    WordPress管理画面の投稿一覧から項目「作成者」を削除する方法

    WordPress管理画面の投稿一覧から項目「作成者」を削除する方法を解説します。表示オプションからも「作者名」の項目を削除する方法です。5分程度でマスターできますので、興味のある方は参考にしてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)