WordPressの投稿画面でエディタのスクロール位置を固定するなら「Preserve Editor Scroll Position」が便利!
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. WordPressの投稿画面でエディタのスクロール位置を固定するなら「Preserve Editor Scroll Position」が便利!

最近の作業実績

  • 2020年09月22日WordPressのパスワードをデータベースから直接変更いたしました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマにオリジナルのPHPファイルを実装いたしました。
  • 2020年09月21日CRONが正常に動作しない不具合を解消いたしました。
  • 2020年09月21日掲載している動画をレスポンシブに対応させました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマをレスポンシブ化いたしました。
  • 2020年09月21日メールフォームの送信先をアクセス経路ごとに分岐できるようにいたしました。
  • 2020年09月06日絞り込み検索機能をプラグインを使わずに実装いたしました。
  • 2020年09月06日ページネーションでページが遷移できない不具合を修正いたしました。
  • 2020年09月01日アイキャッチが未設定の場合、デフォルト画像を表示するようにカスタマイズいたしました。
  • 2020年09月01日WordPressの条件分岐が正常に動作するように修正いたしました。
  • 2020年08月31日ページネーションの不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月31日常時SSL化の不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月30日ループ部分のレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月30日カスタムフィールドに対応した絞り込み検索機能を実装いたしました。
  • 2020年08月26日アーカイブページの説明文が2P目以降に表示されないよう修正いたしました。
  • 2020年08月26日ログイン画面のエラーを修正いたしました。
  • 2020年08月26日パンくずナビをschema.orgに対応した形式で再構築いたしました。
  • 2020年08月26日サイドバーのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月26日OGPの不具合を解消いたしました。
  • 2020年07月31日アイキャッチ周りの不具合を修正いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

WordPressの投稿画面でエディタのスクロール位置を固定するなら「Preserve Editor Scroll Position」が便利!

この投稿は2019/09/15に加筆修正いたしました。

WordPressの投稿を下書き保存すると本文のスクロールバーが最上部まで戻ってしまい、書きかけの部分まで移動して続きを書く。これって面倒じゃないですか?今回は投稿を下書き保存しても保存した部分を表示したままにできる「Preserve Editor Scroll Position」をご紹介します。

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

投稿の下書き保存に不満がありました。

preserve-editor-scroll-position_001

記事を書いている途中で一旦下書き保存をして、見栄えを確認してから続きを書くケースと言うのはよくあると思います。

個人的にWordPressの【投稿】の下書き保存に不満がありました。

その不満とは、下記の画像でも分かるとおり、下書き保存をすると、エディタ部分が一番上まで戻ってしまう点です。続きを書くためには、書きかけの部分まで移動しなければなりません。

preserve-editor-scroll-position_002

これって不便じゃないですか?
特に長文の場合などは、かなり時間をロスしてしまいます。

そこで、対策を考えてあるプラグインに出会いました。
それが、「Preserve Editor Scroll Position」です。

「Preserve Editor Scroll Position」を導入しよう

「Preserve Editor Scroll Position」というプラグインを導入すると、投稿の下書き保存でもエディタのスクロール位置を固定することができます。

preserve-editor-scroll-position_003

続きからすぐに書き出すことができるわけです。

個人的な意見ですが、「Preserve Editor Scroll Position」を導入してから記事の執筆スピードが改善されました。特に長文を書く方にはお奨めのプラグインです。

Preserve Editor Scroll Positionをダウンロードする。

WordPress管理画面のプラグイン検索からもインストールすることができます。

まとめ

投稿を下書き保存してもエディタのスクロール位置を固定できるプラグイン「Preserve Editor Scroll Position」をご紹介しました。

個人的にこの手のこじんまりとしたプラグインは好みですね。
頑固一徹な職人気質を感じました。

プラグインを利用しないでもスクロール位置を固定できるのか、これから色々と調べてきたいと思います。テーマで実装できるのなら、そちらの方が良いですからね。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA