【Regenerate Thumbnails】サムネイル画像を一括でリサイズする方法
  • 【Regenerate Thumbnails】サムネイル画像を一括でリサイズする方法
  • 記事公開:2017/11/23
  • 最終更新:-------------

【Regenerate Thumbnails】サムネイル画像を一括でリサイズする方法

プラグイン【Regenerate Thumbnails】を使って、サムネイル画像を一括でリサイズする方法をご紹介します。画像をサイズを追加したときなど、アップロード済の画像を一括でリサイズできるので便利です。図入りで使い方を解説してみました。参考にしてください。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

サムネイル画像を一括でリサイズする必要があるケース

メディア設定からサムネイルの画像サイズを変更した場合、その後にアップロードする画像は変更後のサイズで生成されますが、既にアップロードしている画像は変更前のサイズのままとなります。functions.phpから新しい画像をサイズを追加しても同様で、アップロード済の画像は、画像サイズが以前のままです。

画像サイズを変更したり、新しい画像サイズを追加した時は、既にアップロードした画像をリサイズしなければなりません。
しかし、Wordpressにはアップロード済みの画像をリサイズする機能は実装されていません。

アップロード済みの画像をリサイズする時はプラグインを使う必要があります。
そのプラグインとは、【Regenerate Thumbnails】です。

【Regenerate Thumbnails】を使って、アップロード済の画像を一括でリサイズする方法をご紹介します。

【Regenerate Thumbnails】でアップロード済の画像をリサイズする方法

まずは、【Regenerate Thumbnails】をインストールしましょう。
インストールの仕方は、以下のコンテンツを参照してください。

2016-02-03
WordPressにプラグインをインストールする方法
WordPressにプラグインをインストールする2つの方法 WordPressにプラグインをインストールする方法をご紹介します。 基本的なインストール方法は2つあります。 個別に解説していきましょう。 管理画面からプラグインを検索してインストールする方法

インストールが完了したら、【Regenerate Thumbnails】の操作画面にアクセスしましょう。
管理画面【ツール】⇒【Regenerate Thumbnails】と進むと操作画面が表示されます。

画像のリサイズは非常に簡単です。
上記画像の赤枠部分にある【すべてのサムネイルを再生成する】をクリックするだけ!
あとは自動的にアップロード済みの画像をリサイズしてくれます。

この時、画像の枚数が多いと、リサイズが完了するまでにある程度の時間を要します。
ここは気長に待ってください。

何か他の作業を進めていると、いつの間にか作業は完了しています。

なお、あまりに画像枚数が多い場合、処理が正常に完了しない場合があります。
メディアの画像数が、数千枚とかある場合は、利用しない方が良いかもしれません。

画像を1枚ずつリサイズする方法もあります。

画像を1枚ずつリサイズする場合は、メディアライブラリから作業を行います。
管理画面【メディア】⇒【ライブラリ】とアクセスしてください。

メディアライブラリが、上記の画像のようなリスト形式になっていない場合、上記の赤枠部分にあるアイコンをクリックしてください。上記の画像を同じリスト形式に切り替わります。

リサイズしたい画像を見つけてマウスを乗せてみましょう。
いくつかのリンクが表示され、その中に「Regenerate Thumbnails」があります。
この「Regenerate Thumbnails」をクリックすると、その画像のリサイズが始まります。

まとめ

プラグイン【Regenerate Thumbnails】を使って、サムネイル画像を一括でリサイズする方法をご紹介しました。

サイト制作の案件を担当していると、制作の過程でサムネイルのリサイズが必要になることが非常に多いです。
ごく頻繁に使うプラグインだったので、備忘録もかねて今回のコンテンツを作成しました。

あなたの参考になると幸いです。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2016-04-24

    カスタムフィールドの値が空だった場合の条件分岐

    2016/4/24にコードを修正しました。カスタムフィールドで値が入力されていない項目を非表示にする条件分岐をご紹介。カスタムフィールドに値を記入しなくても良い場合など、空白になるそのエリア自体を非表示にしたい時ってありますよね。今回はそんな方法をご紹介しています。 記事を読む

  • 2015-09-18

    簡単だった!WordPressサイトの画像に自動的に付与されるclass等のタグを削除してみた。

    WordPressサイトの投稿に記事を挿入すると、自動的にclassやtitleなどのタグが付与されます。場合によってはこのタグは邪魔になる事ってありませんか?これらのタグを付与させないカスタマイズのご紹介です。コピペだけで実装可能です! 記事を読む

  • 2017-07-07

    アーカイブページに説明文を入れる方法と5つのカスタマイズ

    アーカイブページに固有の説明文を設置する方法をご紹介します。コピペで設置できる様にしておりますので、興味のある方は挑戦してください。説明文周りの役立つカスタマイズも5つほど合わせてご紹介します。 記事を読む

  • 2017-08-17

    WordPressのカテゴリーをプラグインで任意の順番に並び替える方法

    Wordpressのカテゴリーは自動的に並びが決まってしまいます。これを「Category Order and Taxonomy Terms Order」で任意の順番に並び替える方法をご紹介します。参考にしてください。 記事を読む

  • 2014-12-31

    WordPressカスタムフィールドの値を文字数制限して表示する方法

    WordPressには便利な機能としてカスタムフィールドが標準装備されています。カスタムフィールドに入力した値(文字)をサイト上に表示させるとき、文字数を制限したいケースもあるかと思います。今回は、カスタムフィールドの値を文字数制限して表示する方法を解説しています。 記事を読む