WordPressで自動的に読み込まれるスクリプトタグから【type属性】を除外する方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. WordPressで自動的に読み込まれるスクリプトタグから【type属性】を除外する方法

最近の作業実績

  • 2022年10月18日不要になっていたコンテンツをサイト内から除去いたしました。
  • 2022年10月17日サイト内の画像が表示されない不具合を修正いたしました。
  • 2022年10月16日サイト内で発生した大量の404エラーを修正いたしました。
  • 2022年10月15日既存サイトの各所を簡単に更新できる機能を追加いたしました。
  • 2022年10月14日過去記事を定期的に自動ツイートする機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月13日サイト内の広告を一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月12日既存サイトのトップページを再構築いたしました。
  • 2022年10月11日クラシックエディターで管理されていたコンテンツをブロックエディターで再構築いたしました。
  • 2022年10月10日複数のサイトの更新情報を一括表示させる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月09日WordPressの管理画面にオリジナルの管理ページを実装いたしました。
  • 2022年10月08日コンタクトフォーム7で構築されたフォームに確認画面とサンクスページを導入いたしました。
  • 2022年10月07日既存サイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2022年10月06日フッターのレイアウトを再設計いたしました。
  • 2022年10月05日既存サイトのカラーを一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月04日新規ページを5ページ作成いたしました(デザイン込み)。
  • 2022年10月03日訪問者に閲覧履歴を表示する機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月02日ログインできなくなったWordPressを復旧いたしました。
  • 2022年10月01日オリジナルテーマの制作を担当いたしました。
  • 2022年09月30日破損していたテーマを修正いたしました。
  • 2022年09月29日アフィリエイト審査用のサイト立ち上げを担当いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

WordPressで自動的に読み込まれるスクリプトタグから【type属性】を除外する方法

この投稿は2019/09/15に加筆修正いたしました。

WordPressで自動的に読み込まれるスクリプトタグから【type属性】を除外する方法をご紹介します。HTML5で不要となった【type属性】をスクリプトタグから除外したいとき、役に立つコンテンツです。興味のある方は、続きをご覧ください。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressで自動的に読み込まれるスクリプト(script)タグには、【type属性】が自動的に挿入されます。 上記の赤字部分ですね。

<script type="text/vavascript">

HTML5では、【type属性】を記述しなくても構わなくなりました。

<script>

上記のような記述でOKです。

記述しなくても良くなったわけですから、WordPressで読み込まれるタグからも不要な【type属性】を除外したいですね。

フィルターフック【script_loader_tag】(WordPress V4.1以降に実装)を使えば、スクリプト(script)タグから【type属性】を除外することができます。

今回は、【script_loader_tag】を使ってスクリプト(script)タグから【type属性】を除外する方法をご紹介いします。

【script_loader_tag】を使って【type属性】を除外する方法

今回は、スクリプトタグから【type属性】を除外する2種類の方法をご紹介します。

  • 単純に【type属性】を除外する方法
  • 【type属性】を除外して非同期で動かす方法

個別に見ていきましょう。

単純に【type属性】を除外する方法

まずは、単純に【type属性】を除外する方法です。
以下のコードをfunctions.phpに追記して保存してください。

// スクリプトコードから【type属性】を除外
function remove_script_type($tag) {
return str_replace("type='text/javascript' ", "", $tag);
}
add_filter('script_loader_tag','remove_script_type');

上記のコードを記述することで、WordPressで自動的に読み込まれるスクリプトタグから【type属性】を除外することができます。

<script type="text/vavascript">

上記のように出力されていたスクリプトコードが、以下のように変化します。

<script>

【type属性】が除外されているのが確認できますね。

【type属性】を除外して非同期で動かす方法

続いて、【type属性】を除外+スクリプトが非同期で動くようにする方法をご紹介します。
以下のコードをfunctions.phpに追記して保存してください。

// スクリプトコードから【type属性】を除外して非同期にする
function remove_script_type($tag) {
return str_replace("type='text/javascript'", "async='async'", $tag);
}
add_filter('script_loader_tag','remove_script_type');

こちらのコードを使うと、WordPressで自動的に読み込まれるスクリプトタグから【type属性】を除外した上、スクリプトタグを非同期で動かすための【async属性】が追加されます。

<script type="text/vavascript">

上記のように出力されていたスクリプトコードが、以下のように変化します。

<script async='async'>

【type属性】が除外され【async属性】が追加されたのが確認できます。

【type属性】を除外して非同期で動かす方法の注意点

【type属性】を除外して非同期で動かす方法を採用すると、管理画面のテーマエディターや一部のプラグイン編集画面で不具合が確認される場合があります。

サイトの確認に加え、管理画面のチェックを行ったほうが良いでしょう。

不具合が確認さえる場合、単に【type属性】を除外する方法を採用するようにしましょう。

【type属性】を除外して非同期で動かす方法を採用した段階で不具合が生じていなくても、後にプラグインなどを追加したとき、不具合が生じる可能性があります。

このような場合は、今回追加したコードが原因の可能性があることを覚えておくと良いでしょう。

まとめ

WordPressで自動的に読み込まれるスクリプトタグから【type属性】を除外する方法をご紹介しました。

  • 単純に【type属性】を除外する方法
  • 【type属性】を除外して非同期で動かす方法

いずれの方法も、1つのコードをfunctions.phpに追記するだけでOK。
コピペだけで行えます。

Wordpressのカスタマイズや不具合など
何かお困りのことはありませんか?

Wordpressに関連するあなたのお悩み、解決いたします。
次のような方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトに不具合が発生したが、直し方が分からない。不具合の修正経験が豊富な人に任せたい。
  • 既存サイトにWordPressを導入したいが、やり方が複雑で自分ではできそうにもない。経験が豊富な人に任せたい。
  • WordPressがハッキングされたが修正の仕方が分からない。サイトを元通りにできる人を探している。
  • Wordpressで0からサイトを制作したいが、自分ではできそうにもない。プロにサイト制作を委託したい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressに関して今すぐ相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA