WordPressの検索結果から特定カテゴリーに分類された投稿を除外する方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. WordPressの検索結果から特定カテゴリーに分類された投稿を除外する方法

最近の作業実績

  • 2022年10月18日不要になっていたコンテンツをサイト内から除去いたしました。
  • 2022年10月17日サイト内の画像が表示されない不具合を修正いたしました。
  • 2022年10月16日サイト内で発生した大量の404エラーを修正いたしました。
  • 2022年10月15日既存サイトの各所を簡単に更新できる機能を追加いたしました。
  • 2022年10月14日過去記事を定期的に自動ツイートする機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月13日サイト内の広告を一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月12日既存サイトのトップページを再構築いたしました。
  • 2022年10月11日クラシックエディターで管理されていたコンテンツをブロックエディターで再構築いたしました。
  • 2022年10月10日複数のサイトの更新情報を一括表示させる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月09日WordPressの管理画面にオリジナルの管理ページを実装いたしました。
  • 2022年10月08日コンタクトフォーム7で構築されたフォームに確認画面とサンクスページを導入いたしました。
  • 2022年10月07日既存サイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2022年10月06日フッターのレイアウトを再設計いたしました。
  • 2022年10月05日既存サイトのカラーを一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月04日新規ページを5ページ作成いたしました(デザイン込み)。
  • 2022年10月03日訪問者に閲覧履歴を表示する機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月02日ログインできなくなったWordPressを復旧いたしました。
  • 2022年10月01日オリジナルテーマの制作を担当いたしました。
  • 2022年09月30日破損していたテーマを修正いたしました。
  • 2022年09月29日アフィリエイト審査用のサイト立ち上げを担当いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

WordPressの検索結果から特定カテゴリーに分類された投稿を除外する方法

この投稿は2019/11/02に加筆修正いたしました。

WordPressの検索結果から特定カテゴリーに分類された投稿を除外する方法をご紹介します。例えば、カテゴリーAに分類されている投稿は、検索キーワードが含まれている場合でも検索結果に表示さないといったことができます。興味のある方はコンテンツをご覧ください。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressの検索結果から特定カテゴリーに分類された投稿を除外する方法をご紹介します。

例えば、カテゴリーAに分類されている投稿は、検索キーワードが含まれていても検索結果に表示させないといったことができます。

とある案件で今回のカスタマイズを行いました。
そのやり方を以下にシェアします。

特定カテゴリーに分類された投稿を検索結果から除外するカスタマイズ

カスタマイズは、functions.phpにコードを追記、環境に合わせてコードを調整します。

functions.phpにコードを追記する

functions.phpに以下のコードを記述してください。

function SearchExcludeCategoryFilter($query) {
if ($query->is_search) { $query->set('cat','投稿ID'); }
return $query;
}
add_filter('pre_get_posts','SearchExcludeCategoryFilter');

参考:【WordPress】検索結果から特定のカテゴリーを除外する方法

追記したコードを調整する

コードを追加したら、環境によってコードの内容を調整します。

上記のコードの中に【投稿ID】と書かれた箇所があります。
この部分を、検索結果から除外したいカテゴリーのカテゴリーIDに置き換えます。

カテゴリーIDの調べ方は、以下のコンテンツを参照してください。
WordPressの投稿IDやカテゴリーIDなど各種IDの調べ方

カテゴリーIDが1の場合、以下のように置き換えてやります。

投稿ID

-1

登校IDの前に【-】を付けてやるのを忘れないようにしてください。
【-】がないと、正常に動作しません。

これで、検索ワードにヒットした投稿でも、カテゴリーAに分類されている場合は、検索結果に表示されなくなります。

除外対象のカテゴリーが複数ある場合

先ほどは、除外したいカテゴリーがひとつだけの場合で解説しました。
場合によっては、複数のカテゴリーを除外したいことがあるかと思います。

その場合は、以下のようにコードを調整してやります。

投稿ID

-1, -2, -3

除外したいカテゴリーのIDを【,】で区切れば、複数のカテゴリーを除外することができます。

まとめ

WordPressの検索結果から特定カテゴリーに分類された投稿を除外する方法をご紹介しました。

  • functions.phpにコードを追記する
  • 環境に合わせてコードを調整する

上記の2ステップを踏むだけで、検索結果から特定カテゴリーに分類された投稿を除外することができます。

興味のある方は、5分ほど時間を割いてカスタマイズに挑戦してください。

Wordpressのカスタマイズや不具合など
何かお困りのことはありませんか?

Wordpressに関連するあなたのお悩み、解決いたします。
次のような方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトに不具合が発生したが、直し方が分からない。不具合の修正経験が豊富な人に任せたい。
  • 既存サイトにWordPressを導入したいが、やり方が複雑で自分ではできそうにもない。経験が豊富な人に任せたい。
  • WordPressがハッキングされたが修正の仕方が分からない。サイトを元通りにできる人を探している。
  • Wordpressで0からサイトを制作したいが、自分ではできそうにもない。プロにサイト制作を委託したい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressに関して今すぐ相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA