カスタムタクソノミーのターム一覧を表示させる方法
  • 記事公開:2019/02/20
  • 最終更新:2019/05/05

カスタムタクソノミーのターム一覧を表示させる方法

カスタムタクソノミーのターム一覧を表示させる方法をご紹介いたします。リンクあり、リンク無し、空タームの表示非表示など、各パターンのターム一覧を表示させるコードをご紹介しております。コピペでターム一覧を表示できますので、ぜひ活用してください。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

WordPressでサイトを作るときやカスタマイズを行うとき、カスタムタクソノミーを導入する場合があるかと思います。

カスタムタクソノミー(カスタム分類とも呼ばれる)とは、投稿をグループ化するための仕組みのこと。投稿にあるカテゴリーやタグと同じですね。

カスタムタクソノミーを使えば、カテゴリーやタグとは別の分類グループを作成することができのです。

このカスタムタクソノミーを導入した場合、カスタムタクソノミーのターム(項目)を一覧で表示させたい場合が出てきます。カテゴリの一覧を表示させるのと同じ感じです。

カスタムタクソノミーのターム一覧を表示させる方法を見ていきましょう。

カスタムタクソノミーのターム一覧(リンク無し)を表示する方法

カスタムタクソノミーのターム一覧を表示する場合、以下のコードを一覧を表示させたい箇所に設置します。

<ul>
<?php
$terms = get_terms('カスタムタクソノミー名');
foreach ( $terms as $term ) {
echo '<li>' .esc_html($term->name). '</li>'; // タームタイトル
}
?>
</ul>

【カスタムタクソノミー名】の部分は、カスタムタクソノミーのスラッグに置き換えてください。
カスタムタクソノミーのスラッグが【test】の場合は、【test】としてください。

上記のコードを掲載した場所には、以下の様なHTMLが出力されます。

<ul>
<li>ターム名</li>
<li>ターム名</li>
<li>ターム名</li>
<li>ターム名</li>
<li>ターム名</li>
</ul>

こちらの方法では、アーカイブページへのリンクは出力されません。
リンクを出力したい場合は、後述する方法をご覧ください。

上記の方法では、空のタームは表示できません。
空のタームとは、どの投稿とも紐付いていないターム、投稿が一つも分類されていないタームです。

空のタームも表示させたい場合は、以下のコードを使ってください。

<?php
$terms = get_terms('カスタムタクソノミー名','hide_empty=0');
foreach ( $terms as $term ) {
echo '<li>' .esc_html($term->name). '</li>'; // タームタイトル
}
?>

こちらのコードを使えば、空のタームも表示されるようになります。

カスタムタクソノミーのターム一覧(リンクあり)を表示する方法

先ほどのコードは、アーカイブページへのリンクが表示されませんでした。
今回の方法では、アーカイブページへのリンクも合わせて出力できます。

カスタムタクソノミーのターム一覧を表示させたい箇所に以下のコードを記述してください。

<?php
$terms = get_terms('カスタムタクソノミー名');
foreach ( $terms as $term ) {
echo '<li><a href="'.get_term_link($term).'">'.$term->name.'</a></li>';
}
?>

【カスタムタクソノミー名】の部分は、カスタムタクソノミーのスラッグに置き換えてください。
上記のコードを掲載した場所には、以下の様なHTMLが出力されます。

<ul>
<li>ターム名</a></li>
<li>ターム名</a></li>
<li>ターム名</a></li>
<li>ターム名</a></li>
<li>ターム名</a></li>
</ul>

空のタームも表示させたいのなら、以下のコードを記述してください。

<?php
$terms = get_terms('カスタムタクソノミー名','hide_empty=0');
foreach ( $terms as $term ) {
echo '<li><a href="'.get_term_link($term).'">'.$term->name.'</a></li>';
}
?>

【カスタムタクソノミー名】の部分は、書き換えてくださいね。

まとめ

カスタムタクソノミーのターム一覧を表示させる方法をご紹介しました。

今回ご紹介したコードはPHPコードですので、投稿や固定ページでは使用できません。
テーマのファイル内に直接記述するようにしてください。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2019/05/05

    【WordPress】テーマフォルダの画像を呼び出すときの画像パスを短くする方法

    WordPressのテーマファイルに設置した画像を投稿や固定ページ内に掲載しようとすると、どうしても画像パスが長くなってしまいます。今回はfunctions.phpを編集して画像パスを短くする方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2019/05/05

    カスタムタクソノミーで初期タームを自動で設定する方法

    カスタムタクソノミーで初期タームを自動で設定する方法をご紹介いたします。タームを選択しなくても自動的に初期タームが設定されれば便利だと思いませんか?コピペと簡単なコード調整でできるカスタマイズです。 記事を読む

  • 2019/05/04

    カテゴリウィジェットでカスタムタクソノミーのターム一覧を表示させる方法

    カテゴリウィジェットをカスタマイズして、カスタムタクソノミーのターム一覧を表示できるようにします。このカスタマイズは一度だけでOK。カスタマイズ後に別のカスタムタクソノミーを作成した場合でも、そのタクソノミーのタームを一覧表示することができます。 記事を読む

  • 2019/05/22

    【WordPress】コピーライトの年号を自動更新させる方法

    作成したサイトのフッターにコピーライトを記述する機会は多いと思います。WordPressなら、簡単なカスタマイズでコピーライトの年号を自動更新することができるのです。今回はそんなカスタマイズをご紹介します。 記事を読む

  • 2019/05/05

    WordPressのプラグインとは?プラグインを使ってWordPressの機能を拡張しよう!

    WordPressのプラグインについてまとめてみました。プラグインに関して知識の少ない方はぜひ参考にしてください。5分後にはWordPressのプラグインについての基本的な知識をマスターすることができます。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA