CSSだけで長い文字列を「…」と省略表示する方法
  • /
  • CSSだけで長い文字列を「…」と省略表示する方法
  • 記事公開:2019/02/16
  • 最終更新:2019/03/06

CSSだけで長い文字列を「…」と省略表示する方法

CSSだけで長い文字列を省略表示する方法をご紹介します。文字列が要素からはみ出す場合、末尾に「…」を付けて省略表示させる方法です。興味のある方は、3分間でカスタマイズ方法をマスターしてください。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

要素内に収まらない自動的に文字列を省略する

サイトを製作している時、文字数が長すぎてレイアウトが崩れるといった経験はないでしょうか?

文字数を調整できるのであれば、それでよいかもしれませんが、文字数の調整が困難な場合もあるかと思います。

今回は、表示領域からはみ出してしまった文字列を自動的に省略する方法をご紹介していきます。
今回の方法はCSSのみで対応可能です。

長い文字列は【text-overflow】を使って省略する

text-overflowを使うことで、文字列が表示領域からはみ出してしまった場合、はみ出した文字列を省略し、末尾に三点リーダー(…)を表示することが出来ます。

<div class="test">
<p>ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。</p>
</div>

上記のようなHTMLの場合、以下の様にCSSを定義してやれば、要素からはみ出した文字列を省略することができます。

.test {
width: 100%;
}
.test p {
overflow: hidden;
text-overflow: ellipsis;
white-space: nowrap;
}

以下の様に文字列の末尾が省略され、三点リーダー(…)が自動的に表示されます。

ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。

【text-overflow】を使って文字列を省略する方法は、現在、ほとんどのブラウザで利用することができると言えるでしょう。

複数行表示させてから省略させたい場合

先ほどご紹介した方法は、文字列を1行表示でしか省略することができません。
場合によっては、何行か表示させてから省略したいことも考えられます。

そんなときは、【-webkit-line-clamp】を使い事で対応することができます。

<div class="test">
<p>ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。</p>
</div>

上記のようなHTMLの場合、以下の様にCSSを定義してやれば、指定した行数を表示した後、要素からはみ出す文字列を省略することができます。

.test {
width: 100%;
}
.test p {
display: -webkit-box;
-webkit-box-orient: vertical;
-webkit-line-clamp: 2;
overflow: hidden;
}

以下の様に文字列の末尾が省略され、三点リーダー(…)が自動的に表示されます。

ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。

上記では、2行表示してそれ以降の文字列を省略するようにしてみました。

CSSの中にある【-webkit-line-clamp: 2;】の【2】の部分が行数を指定している値です。
3行表示したいのであれば、この値を【3】に変更してやります。

ただ、この方法は一部のブラウザでしかサポートされていません。
IEなどでは正常に省略されて表示されませんので、注意が必要です。

まとめ

要素に収まらない長い文字列を自動的に省略する方法をご紹介いたしました。

今回の方法はCSSのみで対応可能で、jsなどの力は借りません。
簡単でよいですね!

・1行表示で収まらない文字列を省略するのなら【text-overflow】
・何行か表示させてから文字列を省略させるなら【-webkit-line-clamp】

必要に応じて使い分けてください。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2019/03/06

    CSSで特定の画像だけを中央揃えにする方法

    画像を設置するブロックをセンタリングすることなく特定の画像だけを中央揃えにする方法をご紹介しています。あまり需要はないかもしれませんが、どなたかの参考になるとうれしいですね。 記事を読む

  • 2019/03/08

    404エラーページをカスタマイズしてユーザビリティを最大化しよう!

    404エラーページをカスタマイズしてユーザビリティを最大化する方法をご紹介します。404エラーページをデフォルトのままで使用している方は、ぜひご確認ください。404エラーページを少しカスタマイズするだけで離脱率などの改善につながりますよ! 記事を読む

  • 2019/06/03

    片方だけ横幅を設定してfloatする方法

    片方だけ横幅を設定してfloatする方法をご紹介します。横並びの要素で一方だけ横幅を設定したいあなたは、このコンテンツを参考にしてください。2分後にはあなたの希望が形になります。 記事を読む

  • 2019/03/18

    レスポンシブ対策!電話番号リンク(tel:)をスマホのみ有効にする3つの方法

    電話番号リンクをPC表示の場合は無効にする方法をご紹介します。レスポンシブサイトで電話番号サイトを設置すると、PC表示の場合もリンクが生きており上手くありません。この辺りをサクッと解決する方法をご紹介しています。 記事を読む

  • 2019/07/10

    ランディングページでも使える!JavaScriptで作るカウントダウンタイマー

    JavaScriptで作るカウントダウンタイマーをご紹介します。ランディングページなどにカウントダウンタイマーを設置したい方は参考にしてください。1分後には本格的なカウントダウンタイマーの設置方法をマスターすることが出来ます。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA