CSSだけで長い文字列を「…」と省略表示する方法
MENU
  1. HOME
  2. CSS / WEB制作
  3. CSSだけで長い文字列を「…」と省略表示する方法

最近の作業実績

  • 2020年11月09日子テーマの導入で発生した不具合を修正いたしました。
  • 2020年11月09日LPサイトのレイアウトの崩れを修正いたしました。
  • 2020年11月04日カスタム投稿のアーカイブページで発生していた不具合を修正いたしました。
  • 2020年11月04日WordPressサイトのSEO対策に関するアドバイスをご提供いたしました
  • 2020年11月04日WordPressで構築されたサイトのトップページのデザイン一新しました
  • 2020年11月04日ループ部分のデザインを変更いたしました。
  • 2020年10月28日カスタム投稿専用のカレンダーウィジェットを実装いたしました。
  • 2020年10月28日内部SEO対策を最適化いたしました。
  • 2020年10月28日WordPressサイトのサーバー移管を行いました。
  • 2020年10月28日新規サイト(WordPress)を制作いたしました
  • 2020年10月10日既存サイトをWordPressで再構築いたしました。
  • 2020年10月04日WordPress各ユーザーのユーザー名を変更いたしました。
  • 2020年10月04日PHPのバージョンアップに伴うデータベース確立エラーを解消いたしました。
  • 2020年10月04日WordPressサイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2020年10月04日複雑怪奇なテーマ構造の一部を分かりやすく再構築いたしました。
  • 2020年10月04日既存サイトにWordPressを導入いたしました。
  • 2020年09月29日WordPress、プラグイン、テーマ、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2020年09月29日WordPressのセキュリティ対策を導入いたしました。
  • 2020年09月22日WordPressのパスワードをデータベースから直接変更いたしました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマにオリジナルのPHPファイルを実装いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。
  • 2019/09/15

CSSだけで長い文字列を「…」と省略表示する方法

この投稿は2019/09/15に加筆修正いたしました。

CSSだけで長い文字列を省略表示する方法をご紹介します。文字列が要素からはみ出す場合、末尾に「…」を付けて省略表示させる方法です。興味のある方は、3分間でカスタマイズ方法をマスターしてください。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

要素内に収まらない自動的に文字列を省略する

サイトを製作している時、文字数が長すぎてレイアウトが崩れるといった経験はないでしょうか?

文字数を調整できるのであれば、それでよいかもしれませんが、文字数の調整が困難な場合もあるかと思います。

今回は、表示領域からはみ出してしまった文字列を自動的に省略する方法をご紹介していきます。
今回の方法はCSSのみで対応可能です。

長い文字列は【text-overflow】を使って省略する

text-overflowを使うことで、文字列が表示領域からはみ出してしまった場合、はみ出した文字列を省略し、末尾に三点リーダー(…)を表示することが出来ます。

<div class="test">
<p>ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。</p>
</div>

上記のようなHTMLの場合、以下の様にCSSを定義してやれば、要素からはみ出した文字列を省略することができます。

.test {
width: 100%;
}
.test p {
overflow: hidden;
text-overflow: ellipsis;
white-space: nowrap;
}

以下の様に文字列の末尾が省略され、三点リーダー(…)が自動的に表示されます。

ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。

【text-overflow】を使って文字列を省略する方法は、現在、ほとんどのブラウザで利用することができると言えるでしょう。

複数行表示させてから省略させたい場合

先ほどご紹介した方法は、文字列を1行表示でしか省略することができません。
場合によっては、何行か表示させてから省略したいことも考えられます。

そんなときは、【-webkit-line-clamp】を使い事で対応することができます。

<div class="test">
<p>ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。</p>
</div>

上記のようなHTMLの場合、以下の様にCSSを定義してやれば、指定した行数を表示した後、要素からはみ出す文字列を省略することができます。

.test {
width: 100%;
}
.test p {
display: -webkit-box;
-webkit-box-orient: vertical;
-webkit-line-clamp: 2;
overflow: hidden;
}

以下の様に文字列の末尾が省略され、三点リーダー(…)が自動的に表示されます。

ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。ここに文字列を記載します。

上記では、2行表示してそれ以降の文字列を省略するようにしてみました。

CSSの中にある【-webkit-line-clamp: 2;】の【2】の部分が行数を指定している値です。
3行表示したいのであれば、この値を【3】に変更してやります。

ただ、この方法は一部のブラウザでしかサポートされていません。
IEなどでは正常に省略されて表示されませんので、注意が必要です。

まとめ

要素に収まらない長い文字列を自動的に省略する方法をご紹介いたしました。

今回の方法はCSSのみで対応可能で、jsなどの力は借りません。
簡単でよいですね!

・1行表示で収まらない文字列を省略するのなら【text-overflow】
・何行か表示させてから文字列を省略させるなら【-webkit-line-clamp】

必要に応じて使い分けてください。

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA