WordPress のテーマを削除する方法
  • 記事公開:2015/01/07
  • 最終更新:2016/08/03

WordPress のテーマを削除する方法

WordPressのテーマはクオリティの高いものが多くあるのですが、色々とテーマを代えていると、いつしかインストールされているテーマの数も増えてしまいます。テーマが多いと管理も面相になりますし、データベース容量も食ってしまいます。テーマは定期的に削除するクセを付けましょう。今回は、テーマの削除方法をご紹介し

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

WordPressのテーマを削除する方法

WordPressのテーマを削除する方法は以下の通りです。

手順1:テーマの一覧画面にアクセスする。

themes_change_002

WordPress管理画面の左メニューで「外観 → テーマ」とアクセスします。
すると、インストールされているテーマが一覧で表示される画面が表示されます。

手順2:テーマ詳細をクリックする。

themes-delete_001

削除したテーマにカーソルを載せると「テーマ詳細」というリンクが表示されますので、そちらをクリックしてください。

手順3:削除ボタンをクリックする。

上記画像のように詳細画面が表示され、右下の部分にある「削除」をクリックします。。
themes-delete_002

手順4:削除を確定する。

themes-delete_003

「本当にこのテーマを削除しますか?」と確認画面が表示されますので、OKをクリックすればテーマの削除が確定します。

※ 使用中のテーマを削除するには・・・

使用中のテーマは、そのままでは削除できません。
一旦、他のテーマに変更してから、テーマを削除しましょう。

テーマの変更方法は「WordPressのテーマを変更する方法」を参照してください。

まとめ

WordPressのテーマのを削除する方法をご紹介しました。

WordPressにテーマをインストールしすぎている方は、データベースの容量を空けるためにも、不要なテーマを削除するようにしましょう。私の場合は、基本的に1つのテーマしかインストールされていない状態を維持しています。

複数のテーマがあると、管理も面倒になりますからね。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2019/03/22

    ハッカーにだだ漏れ!WordPressのログインユーザー名を隠蔽する方法

    WordPressのログインユーザー名をサイト上から隠蔽する方法をご紹介します。ユーザー名がサイト上から取得できるとセキュリティの面からも好ましくありません。今回のコンテンツを参考に、サイト上からユーザー名を隠蔽してください。 記事を読む

  • 2017/12/01

    WordPressでコンテンツを読むのに必要な時間を表示させる方法

    WordPressでコンテンツを読むのに必要な時間を表示させる方法をご紹介します。よくブログなどで見かける「この記事は○分で読めます」を表示する方法を調べてみました。コピペだけで実装できますので、興味のある方はカスタマイズしてみましょう。 記事を読む

  • 2019/04/25

    WordPressの古い記事にメッセージや注意書きを表示させる方法

    WordPressの古い記事にメッセージや注意書きを表示させる方法をご紹介します。訪問者が古い情報を惑わされないように、メッセージを表示させたい場合は参考になるコンテンツです。参考にしてください。 記事を読む

  • 2017/12/11

    【WordPress】投稿を保存した後もカテゴリー構造を保持する方法

    WordPressの投稿を保存するとカテゴリーの構造が保持されないのをご存知でしょうか?パッと見てカテゴリー構造が分からないので後々面倒な事になる可能性があります。投稿保存してもカテゴリー構造が保持されるようにするカスタマイズをご紹介します。 記事を読む

  • 2015/09/17

    WordPressのゴミ箱を一定間隔で自動的に空にする方法

    WordPressのゴミ箱を一定間隔で自動的に空にする方法をご紹介します。ゴミ箱に溜まったデータを定期的に整理したい方はご覧下さい。コピペでカスタマイズすることができます。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA