知らないと恥ずかしい!WordPressで自動挿入されるpタグを自動挿入させない方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. 知らないと恥ずかしい!WordPressで自動挿入されるpタグを自動挿入させない方法

最近の作業実績

  • 2020年11月09日子テーマの導入で発生した不具合を修正いたしました。
  • 2020年11月09日LPサイトのレイアウトの崩れを修正いたしました。
  • 2020年11月04日カスタム投稿のアーカイブページで発生していた不具合を修正いたしました。
  • 2020年11月04日WordPressサイトのSEO対策に関するアドバイスをご提供いたしました
  • 2020年11月04日WordPressで構築されたサイトのトップページのデザイン一新しました
  • 2020年11月04日ループ部分のデザインを変更いたしました。
  • 2020年10月28日カスタム投稿専用のカレンダーウィジェットを実装いたしました。
  • 2020年10月28日内部SEO対策を最適化いたしました。
  • 2020年10月28日WordPressサイトのサーバー移管を行いました。
  • 2020年10月28日新規サイト(WordPress)を制作いたしました
  • 2020年10月10日既存サイトをWordPressで再構築いたしました。
  • 2020年10月04日WordPress各ユーザーのユーザー名を変更いたしました。
  • 2020年10月04日PHPのバージョンアップに伴うデータベース確立エラーを解消いたしました。
  • 2020年10月04日WordPressサイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2020年10月04日複雑怪奇なテーマ構造の一部を分かりやすく再構築いたしました。
  • 2020年10月04日既存サイトにWordPressを導入いたしました。
  • 2020年09月29日WordPress、プラグイン、テーマ、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2020年09月29日WordPressのセキュリティ対策を導入いたしました。
  • 2020年09月22日WordPressのパスワードをデータベースから直接変更いたしました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマにオリジナルのPHPファイルを実装いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

知らないと恥ずかしい!WordPressで自動挿入されるpタグを自動挿入させない方法

この投稿は2019/09/15に加筆修正いたしました。

WordPressでpタグを自動挿入させない方法をご紹介します。WordPressのpタグ自動挿入が必要ないとお思いの方は参考にしてください。たった1分程度の作業でpタグ自動挿入を停止させることができます。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

自動挿入されるpタグを挿入させたくない。

WordPressには、投稿や固定ページで2行以上の改行を自動的にpタグに変換する機能(auto paragraph)が標準装備されています。

この機能、便利に感じることも多くあるのですが、場合によっては不便に感じることも多々あります。

個人的にはあまり気にならないのですが、中にはこの機能を停止させたいと考えている方が多いようなので、機能を停止させる方法をご紹介したいと思います。

基本的にコピペだけで機能を停止させることができますので、初心者の方でも簡単です。

自動挿入されるpタグを挿入させない方法

それでは、Pタグを自動挿入させないカスタマイズをご紹介します。

Pタグを自動挿入させないカスタマイズには、全ての投稿と固定ページでPタグを自動挿入させない方法と、投稿ページのみPタグを自動挿入させないなど個別に指定する方法とがあります。

個別に見ていきましょう。

サイト全体ででPタグを自動挿入させない方法

以下のコードをfunctions.phpにコピペしてください。

add_action('init', function() {
remove_filter('the_excerpt', 'wpautop');
remove_filter('the_content', 'wpautop');
});
add_filter('tiny_mce_before_init', function($init) {
$init['wpautop'] = false;
$init['apply_source_formatting'] = ture;
return $init;
});

このコードをコピペすることで、Pタグの自動挿入を停止させることができます。

個別に挿入させない方法

例えば、固定ページ毎にテンプレートが異なる場合などで、その一部のみPタグの挿入を停止させたい場合があるかもしれません。

そんな時は、そのテンプレートファイルのPタグの自動挿入を停止させたい箇所の直前に以下のコードをコピペしてください。

<?php remove_filter('the_content', 'wpautop'); ?>

上記のタグを設置すると、それ以降の部分でPタグの自動挿入が停止されます。
基本的に以下の様な記述になるかと思います。

<?php remove_filter('the_content', 'wpautop'); ?>
<?php the_content(); ?>

特定の投稿タイプでPタグの自動挿入を停止させる方法

例えば、投稿ページのみPタグの自動挿入を停止させたいケースですね。
そんな場合は、以下のコードをfunctions.phpにコピペすればOKです。

add_filter('the_content', 'wpautop_filter', 9);
function wpautop_filter($content) {
global $post;
$remove_filter = false;
$arr_types = array('page');
$post_type = get_post_type( $post->ID );
if (in_array($post_type, $arr_types)) $remove_filter = true;
if ( $remove_filter ) {
remove_filter('the_content', 'wpautop');
remove_filter('the_excerpt', 'wpautop');
}
return $content;
}

上記のコードでは、固定ページでPタグの自動挿入を停止させています。

$arr_types = array('page');

上記の【page】で投稿タイプを指定しています。
この部分にPタグの自動挿入を停止させたい投稿タイプを記述してください。

複数の投稿タイプを指定する場合は、以下の様に記述すればOKです。

$arr_types = array('page','○○','○○');

【○○】の部分には、投稿タイプを指定してください。

まとめ

WordPressの自動挿入されるpタグを挿入させない方法をご紹介しました。

私は既存サイトのWordPress化を請け負って言うのですが、その時にPタグの自動挿入を停止させることが多くあります。その他にも利用するシーンは以外と多いかと思いますので、この機会にやり方を覚えておきましょう。

このコンテンツでご紹介しているコードは【WordPressの自動挿入されるpタグを削除する方法】のコードを引用させていただきました。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA