カスタムフィールドの値が空だった場合の条件分岐
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. カスタムフィールドの値が空だった場合の条件分岐

最近の作業実績

  • 2020年09月22日WordPressのパスワードをデータベースから直接変更いたしました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマにオリジナルのPHPファイルを実装いたしました。
  • 2020年09月21日CRONが正常に動作しない不具合を解消いたしました。
  • 2020年09月21日掲載している動画をレスポンシブに対応させました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマをレスポンシブ化いたしました。
  • 2020年09月21日メールフォームの送信先をアクセス経路ごとに分岐できるようにいたしました。
  • 2020年09月06日絞り込み検索機能をプラグインを使わずに実装いたしました。
  • 2020年09月06日ページネーションでページが遷移できない不具合を修正いたしました。
  • 2020年09月01日アイキャッチが未設定の場合、デフォルト画像を表示するようにカスタマイズいたしました。
  • 2020年09月01日WordPressの条件分岐が正常に動作するように修正いたしました。
  • 2020年08月31日ページネーションの不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月31日常時SSL化の不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月30日ループ部分のレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月30日カスタムフィールドに対応した絞り込み検索機能を実装いたしました。
  • 2020年08月26日アーカイブページの説明文が2P目以降に表示されないよう修正いたしました。
  • 2020年08月26日ログイン画面のエラーを修正いたしました。
  • 2020年08月26日パンくずナビをschema.orgに対応した形式で再構築いたしました。
  • 2020年08月26日サイドバーのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月26日OGPの不具合を解消いたしました。
  • 2020年07月31日アイキャッチ周りの不具合を修正いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。
  • 記事公開:2016/04/24
  • 最終更新:2020/05/19

カスタムフィールドの値が空だった場合の条件分岐

この投稿は2020/05/19に加筆修正いたしました。

2020年5月19日にコードを修正いたしました。

カスタムフィールドで値が入力されていない項目を非表示にする条件分岐をご紹介。カスタムフィールドに値を記入しなくても良い場合など、空白になるそのエリア自体を非表示にしたい時ってありますよね。今回はそんな方法をご紹介しています。

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

条件分岐を使って項目自体を非表示にする

カスタムフィールドでコンテンツを構成している場合、カスタムフィールドに項目が入力されていない場合でも、その項目自体はサイト上に表示されてしまいます。

<div id="test">
<h2>項目A</h2>
<?php echo post_custom('sample'); ?>
</div>

この場合ですと、カスタムフィールドに値が入力されていないときでも、以下の部分がそのままサイト上に表示されてしまいます。

<div id="test">
<h2>項目A</h2>
</div>

今回は、カスタムフィールドの値が空だった場合、上記の部分も非表示するカスタマイズ方法をご紹介します。

カスタムフィールドの値が空なら非表示、値があれば表示と条件分岐してやれば良いのです。
以下のコードで条件分岐できます。

<?php $value = get_post_meta($post->ID, 'sample', true);?>
<?php if(empty($value)):?>
カスタムフィールド【sample】の値が空の時、ここに記載した内容が表示されます。
<?php else:?>
カスタムフィールド【sample】に値が入っている時、ここに記載した内容が表示されます。
<?php endif;?>

先ほどの例ですと、以下のように記述してやればOkです。

<?php $value = get_post_meta($post->ID, 'sample', true);?>
<?php if(empty($value)):?>
<?php else:?>
<div id="test">
<h2>項目A</h2>
</div>
<?php endif;?>

この様に記述すると【sample】の値が取得できない場合、項目自体を非表示にできます。

sample】の部分には、カスタムフィールド名を記入してください。

まとめ

カスタムフィールドの値が入力されていない項目を非表示にする方法をご紹介しました。

とある案件で必要になったので調べたものをまとめてみました。
今回のコードの様に単純に使えるケースは少ないかと思います。

機会があれば、参考にしてください。

よく使う条件分岐を42種類を以下の記事にまとめてみたのでご確認ください。
【保存版】WordPressの条件分岐を42個まとめてみました!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA