カスタムフィールドの改行を反映させたまま表示する方法
  • カスタムフィールドの改行を反映させたまま表示する方法
  • 記事公開:2016/06/27
  • 最終更新:2018/06/03

カスタムフィールドの改行を反映させたまま表示する方法

カスタムフィールドの改行を反映させたまま表示する方法をご紹介します。カスタムフィールドのテキストエリアで改行がそのまま反映されたら便利だと思いませんか?気になる方はこのコンテンツを2分間だけ読んでください。改行を反映させる方法がマスターできます。

この記事は約 3 分で読めます。

カスタムフィールドの改行を反映させて表示する方法

テキストエリアのカスタムフィールドで改行をしている場合、その改行を反映させたままサイト上に表示させる方法です。

最近使う機会が増えてきたので、備忘録として記録しておきます。

テキストエリアのカスタムフィールドでは、改行を入れてもWEBページでは反映されません。
反映させるためには、<br>タグを挿入する必要があります。

私が利用するのであれば、<br>タグを入れる方法でも良いのですが、HTMLの知識があまりないクライアント様に引き渡すサイトの場合などは、できるだけタグを使用しない形にしなければなりません。

可能な限り簡単に更新できるようにするのが、私のモットーです。

そんなわけで、カスタムフィールドの改行をWEBページでもそのまま表示する方法をご紹介します。
カスタムフィールドを呼び出すテンプレートタグをちょこっと弄る方法です。

カスタムフィールドの改行を反映させる方法

カスタムフィールドの値を呼び出す場合、以下のテンプレートタグを使っていませんか?

<?php echo get_post_meta($post->ID, 'フィールド名', true); ?>

上記のテンプレートタグでは、改行は反映されません。

改行を反映させる場合は、上記のテンプレートタグをこれを以下のように書き換えます。

<?php echo nl2br(get_post_meta($post->ID, 'フィールド名', true)); ?>

先ほどより少し長くなりましたね。
どこが変ったのかというと、【get_post_meta(・・・)】の部分が【nl2br()】で囲まれています。

上記のテンプレートタグを利用すれば、カスタムフィールドの改行が反映されるようになります。

まとめ

カスタムフィールドの改行を反映させたまま表示する方法をご紹介しました。

カスタムフィールドの改行をそのまま反映させたいというご希望はよく耳にします。
テンプレートタグを少し弄るだけで実現できますので、ぜひこの機会に覚えてしまいましょう。

カスタムフィールドを覚えるとWordPressでやれることが格段に増えます!
これからもカスタムフィールドに関する記事を投稿していきますね。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015/09/17

    WordPressで不要になったプラグインを停止・削除する手順+有効化

    このページでは、WordPressで不要になったプラグインを停止・削除する方法をご紹介します。使わないプラグインを有効化しておくとサイトの速度が遅くなったり、-ポイントがいくつかあります。不要なプラグインがあるのであれば、このページを参考に停止・削除してみましょう。 記事を読む

  • 2019/03/06

    WordPressに埋め込んだYOUTUBE動画をレスポンシブに対応させる方法

    サイト内に埋め込んだYOUTUBE動画をレスポンシブに対応させる方法をご紹介します。スマホでサイトを観覧した時でも、もうYOUTUBE動画が画面からはみ出すことはありません。このカスタマイズは3分間でマスターできます! 記事を読む

  • 2019/03/02

    WordPressの子ページで親ページの各種情報を取得する方法

    WordPressの子ページで親ページの各種情報を取得する方法をご紹介します。現在表示しているページの親ページへのリンクを自動的に表示させたい場合などに役立つ知識です。参考にしてください。 記事を読む

  • 2015/09/17

    WordPressに新しくテーマをインストールする2つの方法

    WordPressに新しくテーマをインストールする2つの方法をご紹介します。WordPressのメリットの一つは、クオリティの高い様々なテーマが無料で利用できるところです。テーマのインストール方法をマスターして、色々なテーマをインストールしてみましょう。 記事を読む

  • 2015/09/15

    【WordPress】1分でSVGファイルをアップロードできるようにする方法

    WordPressのアップローダーからSVGファイルをアップロードできるようにする方法をご紹介します。コピペだけでカスタマイズ可能ですので、作業時間は1分程度です。参考になさってください。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA