WordPressの投稿エディターから消えたスクロールバーを再表示させる方法
  • WordPressの投稿エディターから消えたスクロールバーを再表示させる方法
  • 記事公開:2015/01/29
  • 最終更新:2017/12/11

WordPressの投稿エディターから消えたスクロールバーを再表示させる方法

WordPressの投稿エディタから消えたスクロールバーを再表示させる方法をご紹介します。WordPress4.0から最大行表示エディターという機能が実装され、ブラウザの高さ一杯にエディタが広がっていく仕様(スクロールバーが表示されない)になりました。使いにくいと感じている方は、スクロールバーを再表示させましょう。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

WordPressの投稿エディタからスクロールバーが消えて使いにくいと感じた点

wordpress-editor-scroll-bar-resurrection_001

従来は、投稿エディタにコンテンツを書き込んでいくと、上記の画像の様にスクロールバーが表示されていました。しかし、WordPress4.0以降では・・・

wordpress-editor-scroll-bar-resurrection_002

上記の画像の様に投稿エディタからスクロールバーが消え去り、投稿エディタが延々と下に広がっていく仕様となりました(最大行表示エディター)。

他の方がどの様な印象を受けたのか分かりませんが、個人的に「使いにくい」と感じました。

WordPressの投稿エディタにスクロールバーを再表示させる方法

個人的に「使いにくいな~」と感じましたので、以前の様にスクロールバーを表示できないのかと色々調べてみたのですが、すごく簡単にスクロールバーを再表示できることが分かりました。

管理画面から設定を変更するだけでスクロールバーを復活できるようです。
以下の手順をご覧下さい。

wordpress-editor-scroll-bar-resurrection_003

1. 投稿の新規追加画面にアクセスしてください(既存記事の編集画面でも可)。
2. 表示オプションをクリックします。
3. 「最大行表示エディターと~」のチェックを外します。

wordpress-editor-scroll-bar-resurrection_004

以上の手順を実行した後で投稿エディターを確認すると、上記の画像の様にスクロールバーが復活しています。エディタに何も記述していない場合は、適当に改行を入れて確認してください。

まとめ

WordPressの投稿エディタから消えたスクロールバーを再表示させる方法をご紹介しました。

個人的にはスクロールバーが表示されているほうが好みです。
同じような方がいらっしゃれば、今回の記事を参考にスクロールバーを復活させてください。

スクロールバーを復活させると集中執筆モードが無効になりますので注意してください。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2016-01-16

    プラグインの落とし穴!プロがプラグインを最低限しか導入しない5つの理由

    プロがプラグインを最低限しか導入しない5つの理由をご紹介します。プラグインはサイトに色々な機能を実装できる頼もしい仕組みですが、その反面で危険性も隠されています。プラグインの危険性を知りたい方は、2分間だけこのコンテンツを読んでください。 記事を読む

  • 2014-11-23

    そのサイトがWordPressで作られているサイトなのかを確認する2つの方法

    活用シーンはあまり多くないかもしれませんが、特定のサイトがWordPressで作られているサイトなのかを確認する方法をご紹介いたします。「このサイトってWordPressで作られているサイトなの?」と疑問に感じたときなどにご利用ください。 記事を読む

  • 2018-03-26

    wp_count_posts()を使ってWordPressの記事数を取得する方法

    wp_count_posts()を使ってWordpressの投稿数、固定ページの件数、カスタム投稿の投稿数を取得して表示させる方法をご紹介します。コピペで実装可能なカスタマイズです。興味のある方は参考にしてください。 記事を読む

  • 2015-03-11

    【WordPress】コピーライトの年号を自動更新する

    作成したサイトのフッターにコピーライトを記述する機会は多いと思います。WordPressなら、簡単なカスタマイズでコピーライトの年号を自動更新することができるのです。今回はそんなカスタマイズをご紹介します。 記事を読む

  • 2015-11-11

    コンタクトフォーム7に確認用チェックボックスを追加するだけで得られる2つの効果!!

    コンタクトフォーム7に確認用チェックボックスを追加するだけで得られる2つの効果をご紹介しています。確認用チェックボックスの必要性に関して真剣に考えたことがない方は読んでみてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)