WordPressの抜粋で知っておくべき基本と3つのカスタマイズ
  • WordPressの抜粋で知っておくべき基本と3つのカスタマイズ
  • 記事公開:2017/02/05
  • 最終更新:2018/09/08

WordPressの抜粋で知っておくべき基本と3つのカスタマイズ

WordPressの抜粋で知っておくべき基本と3つのカスタマイズをご紹介します。このコンテンツを読むだけで、WordPressの抜粋に関して、基本とよく使うカスタマイズをマスターすることができます。興味のあるあなたは、5分間だけこのコンテンツを見てください!

この記事は約 6 分で読めます。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

WordPressの抜粋って何ですか?

WordPressでは【the_excerpt()】を使うことで、記事の抜粋を表示させることができます。
【the_excerpt()】で表示できる抜粋には、2種類の抜粋があります。

種類1:本文から自動的に取得される抜粋

本文の頭から指定した文字数を取得して表示する抜粋です。

後述する【自分で任意に作成する抜粋】で任意の抜粋を設定しない状態で【the_excerpt()】で抜粋を表示させると、自動的に本文の頭から指定した文字数を取得して表示します。

種類2:自分で任意に作成する抜粋

自分で任意に作成した文章を抜粋として表示する方法です。
記事投稿画面の以下の部分に入力した文章が抜粋として表示されます。

自動的に表示される抜粋が嫌な方は、こちらで抜粋を作成してください。

WordPressの抜粋を使用するための基本

抜粋を使用するための手順を解説していきます。

WordPressの抜粋を有効にする方法

まず、抜粋機能を有効にしましょう。

上記の項目はデフォルトで表示されていない可能性があります。
その場合は、表示オプションから【抜粋】を表示させましょう。

記事投稿画面の右上部にある【表示オプション】をクリック、【抜粋】にチャックを入れましょう。
チェックを入れることで【抜粋】項目が投稿画面に表示されます。

WordPressの抜粋をサイト上に表示させる方法

抜粋を表示させたい箇所に以下のコードを記述します。

<?php the_excerpt(); ?>

サイト上に抜粋を表示させるための作業はこれだけです。

WordPressの抜粋でよく使う3つのカスタマイズ

抜粋周りでよく使うカスタマイズを3つご紹介します。

・抜粋の文字数を制限する。
・抜粋の文末に表示される[…]を変更する。
・抜粋に自動で挿入されるpタグを消す。

個別にみていきましょう。

抜粋の文字数を制限する方法

以下のコードをfunctions.phpに追記します。

function my_excerpt_length($length) {
return 120;
}
add_filter('excerpt_mblength', 'my_excerpt_length');

この時、表示させたい文字数を以下の部分で定義します。

return 120;

上記の赤文字部分が、表示させる文字数を定義している部分です。
この部分の数値をお好きな文字数に変更してください。

上記の場合ですと、最大で120文字が表示されます。

上記の設定をしたにも関わらず、表示される文字数がおかしい場合、文字数が正常にカウントされていない可能性があります。

そんな場合は、プラグイン【WP Multibyte Patch】をインストールして有効化してください。
こちらを行うことで、文字数が正常にカウントされるようになります。

プラグインのインストール方法は、以下のコンテンツを参照してください。

2016-02-03
WordPressにプラグインをインストールする方法
WordPressにプラグインをインストールする2つの方法 WordPressにプラグインをインストールする方法をご紹介します。 基本的なインストール方法は2つあります。 個別に解説していきましょう。 管理画面からプラグインを検索してインストールする方法

抜粋の文末にされる[…]を変更する方法

以下のコードをfunctions.phpに追記します。

// 抜粋末尾の文字列を[…]から変更する
function my_excerpt_more($more) {
return '・・・';
}
add_filter('excerpt_more', 'my_excerpt_more');

この時、末尾に挿入したい文字列を以下の部分で指定します。

return '・・・';

赤文字部分に記入した文字列が、抜粋の末尾に[…]の代わりに表示されます。
上記の場合ですと、文末に「・・・」と表示されます。

抜粋に自動で挿入されるpタグを消す方法

抜粋を表示させるとき、自動的に<p>タグが挿入されます。
抜粋を装飾する時、この<p>タグを邪魔に感じることが非常に多い。
ここでは、自動挿入される<p>タグを削除する方法をご紹介します。

自動挿入される<p>タグを削除したい場合、抜粋を呼び出すコードを変更します。

<?php the_excerpt(); ?>

ではなく、

<?php echo get_the_excerpt(); ?>

上記のコードを使用して抜粋を表示させましょう。
すると、自動挿入される<p>タグが挿入されません。

まとめ

WordPressの抜粋で知っておくべき基本と3つのカスタマイズをご紹介しました。

WordPressの抜粋周りは、今回ご紹介した内容だけである程度フォローできるかと思います。
functions.phpを操作するカスタマイズがありますので、記述ミスが無いように注意してください。

今回のコンテンツに関する疑問点、WordPressの操作方法やプラグインに関するご質問など、下記の無料メールサポートからお気軽にお問い合わせください。

回答できるお問い合わせには、全て回答をさせていただきます。

無料メールサポート

必須メールアドレス
必須サポートを希望する内容

確認事項

上記で入力していただいたメールアドレスに回答メールをお送りいたします。メールを受信できるメールアドレスをご記入ください。

質問に対する回答は、基本的に24時間以内の返信を心がけておりますが、質問が集中した場合、最長で返信に72時間のお時間を頂戴いたします。

当方で回答できる質問には全て回答をさせていただきます。ただし、全ての質問に対して明確な回答をご提供できるわけではありません。

個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除き、あなたの個人情報を第三者に開示することはありません。個人情報保護法及び行政書士法に基づき個人情報等を厳重に管理し機密保持に努めるものとします。ただし、情報の漏洩、消失、他者による改ざん等が完全に防止されることについての保証は一切行いません。

ご記入いただいた個人情報は、質問に対する回答の送信と、メールマガジンの配信にのみ使用させていただきます。

上記のフォームから無料メールサポートご利用された方は、定期的または不定期に、Wordpress関連の最新情報、Wordpressのカスタマイズ方法、Wordpress関連のプレゼント企画や、広告などが掲載された「takayakondo.com」が発行するメールマガジンが配信されることに同意したものとします。

メールマガジンへは、「takayakondo.com」運営者によって後日に代理登録をさせていただきます。代理登録されるまでに、しばらく時間を要する場合がございます。

メールマガジンは、利用者の判断でいつでも購読を解除することができます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-01-03

    WordPressの投稿を複数のページに分割する方法

    投稿を書いていると内容が非常に多くなり、複数のページに分割したいケースがあるかと思います。WordPressには、1つの投稿や固定ページを複数のページに分割する機能が標準で装備されています。このページでは、投稿や固定ページを複数のページに分割する方法をご紹介しています。 記事を読む

  • 2015-01-04

    WordPressの投稿・固定ページ・カテゴリーなどのIDを調べる方法

    WordPressの記事や固定ページ、カテゴリーなどには個別のIDが振り分けられています。このIDですが、何かしらのカスタマイズなどで必要になる機会が割りと多くあるように感じます。このページでは、記事・固定ページ・カテゴリーのIDを取得する方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2015-03-25

    WordPressに投稿した画像を自動的にpタグで囲ませない方法

    WordPressに投稿した画像を自動的にpタグで囲ませない方法をご紹介。WordPressに画像を投稿すると自動的にpタグで囲まれてしまうのですが、これを回避する方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2015-01-12

    WordPressの投稿画面でエディタのスクロール位置を固定するなら「Preserve Editor Scroll Position」が便利!

    WordPressの投稿を下書き保存すると本文のスクロールバーが最上部まで戻ってしまい、書きかけの部分まで移動して続きを書く。これって面倒じゃないですか?今回は投稿を下書き保存しても保存した部分を表示したままにできる「Preserve Editor Scroll Position」をご紹介します。 記事を読む

  • 2015-10-07

    【WordPress】溜まったカスタムフィールドの変数をサクッと削除する方法

    溜まったカスタムフィールドの変数をスッキリと削除させる方法をご紹介します。カスタムフィールド使用していると、もう使わなくなった変数が溜まったりしてしまいませんか?この記事を参考にすれば、2分後には溜まった変数をスッキリと削除することができます。 記事を読む

コメントを残す


(必須)