WordPressのfunctions.phpがある場所
  • 記事公開:2016/03/29
  • 最終更新:2018/05/20

WordPressのfunctions.phpがある場所

WordPressのfunctions.phpがある場所をご存知ですか?WordPressに触れたばかりで知らなという方は、絶対に覚えておいた方が良い知識です。3分間だけ時間を確保して、このコンテンツに目を通してください。functions.phpの場所を理解することが出来ます。

この記事は約 5 分で読めます。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

WordPressのfunctions.phpとは

WordPressのfunctions.phpとは、テーマで使う関数を記述するファイルです。

例えば、カスタムメニューやウィジェット、カスタム投稿などをテーマで利用したい場合は、このファイルにそれぞれのコードを記述したりします。

WordPressで構築したサイトをカスタマイズしようとすると、頻繁に【functions.php】というファイル名を見かけることになります。

例えば、何かしらのカスタマイズ方法を解説しているコンテンツなどで【以下のコードをfunctions.phpにコピペしてください】といった感じですね。

このサイトでもWordPressのカスタマイズ方法を色々と紹介していますが、その多くは【functions.php】に何かしらのコードを記述します。

今回は、この【functions.php】のある場所に関して解説していきます。

functions.phpはどこにあるのか?

functions.phpある場所

functions.phpがどこにあるのかを見ていきましょう。

FTPからfunctions.phpがある場所を確認してみます。
functions.phpがある場所は・・・

/【WordPressが設置されている場所】/wp-content/themes/【テーマ名}】/functions.php

WordPressをカスタマイズする場合、このfunctions.phpの設置場所は必ず必要になります。

functions.phpは記述をミスってしまうと、サイトが表示されなくなるだけではなく、管理画面にもアクセスが出来なくなってしまします。

その場合は、FTPからfunctions.phpをダウンロードして、ミスした箇所を修正して再アップロードする必要があるためです。

管理画面からアクセスする場合

WordPressの管理画面からfunctions.phpにアクセスしたい場合は、以下の手順でアクセスできます。

【外観】⇒【テーマ編集】

上記にアクセスしますと、右側部分にテーマを構成するファイルが一覧で表示されています。
functions.phpはその中にあります。

テーマのための関数(functions.php)

というファイルがfunctions.phpです。

テーマをカスタマイズする時、functions.phpにコードを追加しますが、この時は誤った記述をしないようにしなければなりません。そうしないと、先ほども書きましたがサイトが表示されなくなるだけではなく、管理画面にもアクセスが出来なくなってしまうからです。

functions.phpを編集する際は、必ずfunctions.phpのバックアップを取っておきましょう。

functions.phpを編集して管理画面にアクセスできなくなった場合は、以下のコンテンツを参考にサイトを復旧してください。1分程度の作業でサイトを復旧することができます。

2016-03-29
functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法
functions.phpの編集をミスっても慌てずにまずは落ち着こう! WordPressをカスタマイズする時、functions.phpを編集する機会は多くあります。 このサイトでもfunctions.phpを編集するカスタマイズを多くご紹介してきました。 このf

現在(2018/05/20時点)のバージョンでは、functions.phpに誤った記述を行うと、functions.phpを保存することができないようになっています。以前の様にfunctions.phpを更新したら管理画面にアクセスできなくなる可能性は低くなっています。

まとめ

WordPressのfunctions.phpがある場所を解説いたしました。

functions.phpは、WordPressでサイトを運営(特にテーマをカスタマイズ)するにあたり、よく利用するファイルですので、設置されている場所は、予め頭の中に叩き込んでおきましょう。

functions.phpに誤った記述をした場合など、functions.phpの場所を知らないとちょっと面倒です。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-01-12

    WordPressの投稿画面でエディタのスクロール位置を固定するなら「Preserve Editor Scroll Position」が便利!

    WordPressの投稿を下書き保存すると本文のスクロールバーが最上部まで戻ってしまい、書きかけの部分まで移動して続きを書く。これって面倒じゃないですか?今回は投稿を下書き保存しても保存した部分を表示したままにできる「Preserve Editor Scroll Position」をご紹介します。 記事を読む

  • 2015-01-02

    WordPressでアップロードしたのに未使用のメディアを一括で削除する方法

    WordPressで構築したサイトを運営していると画像や動画など未使用のメディアが増えてくるかと思います。ほっといても良いのですが、ゴチャゴチャしてメディアの管理に支障を来たすかもしれませんし、用量の問題もあるかと思います。今回は未使用のメディアを一括で削除する方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2015-01-21

    カスタム投稿でAll in One SEO Packを使えるようにする方法

    ここでは、任意のカスタム投稿でAll in One SEO Packを使えるようにする方法をご紹介しています。カスタム投稿を設置したとき、All in One SEO Packの設定項目が表示されず困ったので、解決方法を探してみました。同じようにお困りの方、参考にしてください。 記事を読む

  • 2018-03-26

    wp_count_posts()を使ってWordPressの記事数を取得する方法

    wp_count_posts()を使ってWordpressの投稿数、固定ページの件数、カスタム投稿の投稿数を取得して表示させる方法をご紹介します。コピペで実装可能なカスタマイズです。興味のある方は参考にしてください。 記事を読む

  • 2017-08-17

    【WordPress】投稿を保存した後もカテゴリー構造を保持する方法

    WordPressの投稿を保存するとカテゴリーの構造が保持されないのをご存知でしょうか?パッと見てカテゴリー構造が分からないので後々面倒な事になる可能性があります。投稿保存してもカテゴリー構造が保持されるようにするカスタマイズをご紹介します。 記事を読む

コメントを残す


(必須)