既存サイトをWordPressで管理運営できるようにするまでの全体像
  • 記事公開:2017/12/09
  • 最終更新:2019/05/05

既存サイトをWordPressで管理運営できるようにするまでの全体像

既存サイトをWordPressで管理運営できるようにするための全体像をまとめてみました。ご自身のサイトがWordPress以外で構築されていて、WordPressに乗り換えたいとお考えの方には参考になるコンテンツです。チェックしてください。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

どうやって既存サイトをWordPressで管理運営できるようにするの?

「既存サイトをWordPressで運営できるようにするのってどうやるの?」
「既存サイトのフォルダにWordPressをインストールするの?」

私は既存サイトをWordPress化するサービスを5年ほど前からご提供しているのですが、上記のような質問をよくいただきます。

同じような疑問を抱かれている方多いようですので、この機会に「既存サイトをWordPressで管理運営できるようにする手順」をまとめたいと思います。

先に結論をまとめておきます。
既存サイトをWordPressで管理運営できるようにするための全体像は・・・

  1. WordPressで新規サイトを立ち上げる。
  2. 既存サイトのデザインやコンテンツなどを移植して、既存サイトと全く同じサイトに仕上げる。
  3. 作成したサイトを既存サイトに上書きする。

全体像の詳しい説明は、以下をご覧ください。

既存サイトをWordPressで管理運営できるようにするための全体像

手順1:WordPressサイトを新規で立ち上げる

サーバーにWordPressをインストールして、真っ白なサイトを立ち上げます。
このサイトに既存サイトのデザインやコンテンツを移植していきます。

手順2:デザインを移植する

既存サイトのデザインを移植していきます。
WordPressのサイトデザインは、テーマという仕組みで管理されています。
そのため、既存サイトのデザインをWordPressのテーマという形式で作り直します。

手順3:コンテンツを移植する

既存サイトのコンテンツを移植していきます。
WordPressでは、コンテンツを「投稿」と「固定ページ」で管理できます。
既存サイトの各コンテンツを「投稿」と「固定ページ」の適した方に移植します。

手順4:システム部分を移植する

PHPやJSなどが既存サイトで使用されている場合、それらがWordPressで動作するように移植します。

手順5:既存サイトに作成したサイトを上書きする

手順4までで、既存サイトと全く同じデザイン、コンテンツのWordPressサイトが完成しました。最後に、この作成したサイトを既存サイトに上書きます。

以上の手順1~5の作業で、既存サイトがWordPressで管理運営できるようになります。

まとめ

既存サイトをWordPressで管理運営できるようにするまでの全体像をまとめました。

  1. WordPressで新規サイトを立ち上げる。
  2. 既存サイトのデザインやコンテンツなどを移植して、既存サイトと全く同じサイトに仕上げる。
  3. 作成したサイトを既存サイトに上書きする。

上記の手順で、既存サイトをWordPressで管理運営できるようになります。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2019/05/19

    wp_count_posts()を使ってWordPressの記事数を取得する方法

    wp_count_posts()を使ってWordpressの投稿数、固定ページの件数、カスタム投稿の投稿数を取得して表示させる方法をご紹介します。コピペで実装可能なカスタマイズです。興味のある方は参考にしてください。 記事を読む

  • 2019/05/05

    もう悩まないで!WordPressでタイトルの文字数を制限して取得する方法

    Wordpressでタイトルの文字数を制限して取得する方法をご紹介します。テーマのカスタマイズで記事タイトルを取得したいが、文字数を制限したいときなどにお役立てください。文字数を制限して表示していると伝えるテクニックも合わせてご紹介しています。 記事を読む

  • 2015/11/11

    一括削除!不要になったカスタムフィールド名を削除するならDeleteCustomFieldsで決まり!

    不要になったカスタムフィールドの変数をプラグインのDeleteCustomFieldsで削除する方法をご紹介しています。不要なカスタムフィールドが増えて困っている方は参考にしてください。5分程度でカスタムフィールドをスッキリとさせることができます。 記事を読む

  • 2019/05/04

    WordPressのタグ一覧をリンクと件数付で表示させる方法

    Wordpressのタグ一覧をリンクと件数付で表示させる方法をご紹介します。get_terms()を使ったカスタマイズです。サイトのサイドエリアにリスト形式のタグ一覧を表示したい場合など、このコンテンツを参考にしてください。 記事を読む

  • 2019/05/04

    【WordPress】PCとスマホで表示する要素を自在に切り替える条件分岐

    PCとスマホで表示する要素を自在に操る条件分岐をご紹介します。 レスポンシブデザインのサイトを作る時、知っておくと便利なコードです。 5分で理解できる内容ですので、この機会にマスターしてはいかがでしょうか? 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA