WordPressサイトにメンテナンスモードを導入する2つの方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. WordPressサイトにメンテナンスモードを導入する2つの方法

最近の作業実績

  • 2022年10月18日不要になっていたコンテンツをサイト内から除去いたしました。
  • 2022年10月17日サイト内の画像が表示されない不具合を修正いたしました。
  • 2022年10月16日サイト内で発生した大量の404エラーを修正いたしました。
  • 2022年10月15日既存サイトの各所を簡単に更新できる機能を追加いたしました。
  • 2022年10月14日過去記事を定期的に自動ツイートする機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月13日サイト内の広告を一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月12日既存サイトのトップページを再構築いたしました。
  • 2022年10月11日クラシックエディターで管理されていたコンテンツをブロックエディターで再構築いたしました。
  • 2022年10月10日複数のサイトの更新情報を一括表示させる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月09日WordPressの管理画面にオリジナルの管理ページを実装いたしました。
  • 2022年10月08日コンタクトフォーム7で構築されたフォームに確認画面とサンクスページを導入いたしました。
  • 2022年10月07日既存サイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2022年10月06日フッターのレイアウトを再設計いたしました。
  • 2022年10月05日既存サイトのカラーを一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月04日新規ページを5ページ作成いたしました(デザイン込み)。
  • 2022年10月03日訪問者に閲覧履歴を表示する機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月02日ログインできなくなったWordPressを復旧いたしました。
  • 2022年10月01日オリジナルテーマの制作を担当いたしました。
  • 2022年09月30日破損していたテーマを修正いたしました。
  • 2022年09月29日アフィリエイト審査用のサイト立ち上げを担当いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

WordPressサイトにメンテナンスモードを導入する2つの方法

この投稿は2020/05/27に加筆修正いたしました。
運営中のサイトをカスタマイズする時など、一時的にサイトをメンテナンスモードに切り替えたいことってありませんか?

私の場合、よほど大掛かりなカスタマイズでないとメンテナンスモードには切り替えないのですが、案件の中にはメンテナンスモードへの切り替えが必要になってくるケースも出てきます。

今回は、WordPressサイトにメンテナンスモードを実装する方法をまとめてみました。
私も現場で実際に使っている方法です。


  • プラグインを使わないでメンテナンスモードを実装する方法

  • プラグイン「WP Maintenance Mode」を使ってメンテナンスモードを実装する方法



2種類の方法をご紹介します。
お好きな方法でメンテナンスモードを実装してください。
この記事は約 5 分で読めます。

方法1:プラグインを使わずにメンテナンスモードを導入する

サイトを改修するときなど、一時的にサイトへのアクセスを制限したいことがあると思います。
俗に言うメンテナンスモードですね。

メンテナンスモードを設けるプラグインなども何種類かあるのですが、簡単なメンテナンスモードでよければ、プラグインを導入しなくてもコピペだけ簡単に導入することができます。

functions.phpに以下のコードを記述してみてください。

function maintenance_mode() {
if ( !current_user_can( 'edit_themes' ) || !is_user_logged_in() ) {
wp_die('ただいまメンテナンス中です。');
}
}
add_action('get_header', 'maintenance_mode');

【ただいまメンテナンス中です。】の部分に表示させたい文章を記述してください。

wordpress-maintenance-mode_001

functions.phpにコードを追加すると、上記の様なメンテナンス画面を表示できます。
管理画面にログインした状態でアクセスすれば、普通にサイトを表示させることができます。

方法2:「WP Maintenance Mode」でメンテナンスモードを導入する

プラグイン「WP Maintenance Mode」を使ってメンテナンスモードを実装する方法です。
ちょっと凝ったメンテナンスモードを実装したい場合は、今回の方法がお奨めです。

「WP Maintenance Mode」を使えば、以下の様なメンテナンスモードを実装できます。

導入手順を詳しい使い方を見ていきましょう。

手順1:「WP Maintenance Mode」をインストールする

まずは「WP Maintenance Mode」をインストールしましょう。
プラグインのインストール方法は、以下を参照してください。

[ryus_blogcard url=”https://takayakondo.com/plugin-installation/”]

上記の解説に従って「WP Maintenance Mode」をインストール&有効化してください。

手順2:メンテナンスモードをONにする

インストールができたら、ひとまずメンテナンスモードをONにしましょう。

管理画面の【設定】⇒【WP Maintenance Mode】と進んでください。

上記の画像と同じ画面が表示されればOKです。

上記画像の赤枠部分にある【有効】にチェックを入れます。

ページ下部にある【設定を保存】をクリックします。
上記画像の赤枠部分ですね。

この時点でメンテナンスモードがONになりました。

管理画面にログインしている状態ですと、メンテナンスモードがONでもページが表示されます。
一度ログアウトしてからサイトを確認してください。

個人的には別ブラウザで確認することをおススメいたします。
この後、カスタマイズを施した時の確認も別ブラウザですと簡単に行えます。
同じブラウザですと、確認の度にログアウトしなければならないので面倒です。

サイト上のどのページにアクセスしてもメンテナンスモードのため表示されません。
上記の画像の様にメンテナンス画面が表示されます。

手順3:メンテナンス画面をカスタマイズする

次にメンテナンス画面のテキストを変更したり、文字色を装飾するなど、カスタマイズをしてみましょう。

先ほど操作した管理画面の【デザイン】をクリックします。
上記画像の赤枠部分です。

表示されたページが、テキストや文字色を装飾するページです。
各設定項目を個別に解説していきます。

タイトル (HTML タグ)

上記の赤枠部分です。

メタタグの【<title>】に設定される値です。
基本的にデフォルトの【メンテナンスモード】で良いかと思います。

サイト名などに変更しても構いません。

見出し

上記の赤枠部分に設定した値は、メンテナンスモード画面の以下の部分に表示されます。

上記の赤枠部分ですね。

こちらの値もデフォルトの【メンテナンスモード】で問題ないかと思います。
もちろん、お好きなテキストに変更していただいて構いません。

上記の青枠部分にある【色を選択】から見出しテキストのカラーを設定することができます。
必要があれば設定してください。

テキスト

上記の赤枠部分に設定した値は、メンテナンスモード画面の以下の部分に表示されます。

上記の赤枠部分ですね。

こちらは、訪問者に対してのメッセージを入力してください。
メンテナンスモードになっている理由やメンテナンスモードが終了する日時などを記載すれば良いかと思います。

上記の赤枠部分にある【色を選択】からテキストのカラーを設定することができます。
必要があれば設定してください。

まとめ

WordPressサイトにメンテナンスモードを実装する方法をご紹介しました。

サイトの一時的な改修のときなど、覚えておいて損は無いカスタマイズです。

  • プラグインを使わないでメンテナンスモードを実装する方法
  • プラグイン「WP Maintenance Mode」を使ってメンテナンスモードを実装する方法

サクッとメンテナンスモードを導入したい場合は、プラグインを使わない方法が簡単です。
コピペだけで実装できます。

functions.phpを編集するのに抵抗がある方は、プラグインを使った方法がお勧めです。

メンテナンスモード系のプラグインとしては「WP Maintenance Mode」一択で良いかと思います。
シンプルで使いやすく、しっかりとメンテナンスモードを表示できます。

今回のコンテンツが、どなたかのお役に立てば幸いです。

Wordpressのカスタマイズや不具合など
何かお困りのことはありませんか?

Wordpressに関連するあなたのお悩み、解決いたします。
次のような方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトに不具合が発生したが、直し方が分からない。不具合の修正経験が豊富な人に任せたい。
  • 既存サイトにWordPressを導入したいが、やり方が複雑で自分ではできそうにもない。経験が豊富な人に任せたい。
  • WordPressがハッキングされたが修正の仕方が分からない。サイトを元通りにできる人を探している。
  • Wordpressで0からサイトを制作したいが、自分ではできそうにもない。プロにサイト制作を委託したい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressに関して今すぐ相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA