プラグイン更新でメンテナンスモードが解除されない場合の対処法
  • プラグイン更新でメンテナンスモードが解除されない場合の対処法
  • 記事公開:2018/09/18
  • 最終更新:-------------

プラグイン更新でメンテナンスモードが解除されない場合の対処法

ワードプレスのメンテナンスモードが解除されない問題 WordPressのプラグインをアップデートしている時は、 ...

この記事は約 5 分で読めます。

ワードプレスのメンテナンスモードが解除されない問題

WordPressのプラグインをアップデートしている時は、メンテナンスモードが有効になり、この間はサイトにアクセスできなくなります。

アップデートが完了するとメンテナンスモードは自動的に解除されるのですが、以下の様な場合はメンテナンスモードが解除されなくなる可能性があります。

・アップデート中にページ遷移してしまったとき
・アップデート中にネットワーク障害でサーバーから切断されたとき
・アップデートが失敗してしまったとき

メンテナンスモードが解除されなければ、サイトにアクセスできなくなってしまいます。

メンテナンスモードが自動的に解除されない場合、メンテナンスモードを強制的に解除しなければなりません。
今回は、メンテナンスモードを強制解除する方法をご紹介いたします。

メンテンナンスモードを強制解除する2つの方法

メンテナンスモードを強制解除する方法は2つあります。
サイトの状況に合わせて、強制解除の方法を選んでください。

メンテナンスファイルを削除する

WordPressがメンテナンスモードになると、WordPressがインストールされている階層に「.maintenance」というファイルが生成されます。

この「.maintenance」ファイルを削除すればメンテナンスモードを強制解除することができます。

以下の2ステップで、「.maintenance」を削除することができます。

  1. FTPソフトでWordPressを設置しているサーバーにアクセスする。
  2. WordPressがインストールされている階層(「wp-admin」フォルダがある階層)にある「.maintenance」ファイルを削除する。

「.maintenance」を削除したら、サイトが正常に表示されるか確認してください。
サイトが表示されれいれば、メンテナンスモードの強制解除は成功です。

「.maintenance」が見当たらない場合、FTPソフトの不可視ファイルを表示するように設定を変更してください。この「.maintenance」が見当たらない場合は、今回の方法でメンテナンスモードを強制解除することができません。

後述するもう一つの方法でメンテナンスモードを強制解除してください。

アップデート中だったプラグインを削除する

メンテナンスモードが自動的に解除されなくなった場合、アップデート中だったプラグインを削除することで、メンテナンスモードを強制解除することができます。

アップデートに時間を要した場合やページを遷移してしまった場合など、「.maintenance」ファイルが作成されないことがありますので、プラグイン自体を削除してメンテナンスモードを強制解除してやる必要があります。

削除したプラグインは、後で再インストールしてやればOKです。

プラグインを削除する手順は以下の通りです。

  1. FTPソフトでWordPressを設置しているサーバーにアクセスする。
  2. 【wp-content】フォルダの中にある【plugins】フォルダにアクセスする。
  3. 該当プラグインをフォルダ毎ごと削除する。

プラグインを削除したら、サイトが正常に表示されるか確認してください。
サイトが表示されれいれば、メンテナンスモードの強制解除は成功です。

削除したプラグインは、再インストールしても問題ありません。
必要があれば、プラグインを再インストールしてください。

まとめ

プラグイン更新でメンテナンスモードが解除されない場合の対処法をご紹介しました。

メンテナンスモードが解除されない場合、サイトにもアクセスできない状態になっています。

  • 「.maintenance」ファイルを削除する。
  • 「.maintenance」ファイルが見当たらなければ、プラグイン本体を削除する。

いずれかの方法で、メンテナンスモードを強制解除してやりましょう。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-01-15

    お問い合わせプラグイン「Contact Form 7」にサンクスページを導入する方法

    今回はWordPressのメリットとデメリットをまとめてみました。WordPressに出会った頃にも色々と調べた記憶があるのですが、今回はイチから調べ直しました。改めて調べてみて分かりましたが、WordPressって本当に便利なシステムですね。使わない手は無いと本気で思います。 記事を読む

  • 2015-09-28

    WordPressの管理画面に外部サイトへのリンクを設置する方法

    WordPressの管理画面にオリジナルリンクを追加して、そのリンク先を外部サイトに変更してみました。ブログ更新のとき、よく参考にするサイトへ簡単にアクセスしたいと考えてのカスタマイズです。コードを掲載しておきますのであなたも実装してみてください。 記事を読む

  • 2015-03-11

    【WordPress】コピーライトの年号を自動更新する

    作成したサイトのフッターにコピーライトを記述する機会は多いと思います。WordPressなら、簡単なカスタマイズでコピーライトの年号を自動更新することができるのです。今回はそんなカスタマイズをご紹介します。 記事を読む

  • 2015-01-10

    WordPressのプラグインを最新のバージョンに更新する方法

    今回はインストールしたプラグインがバージョンアップした際に更新する方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2016-04-24

    カスタムフィールドの値が空だった場合の条件分岐

    2016/4/24にコードを修正しました。カスタムフィールドで値が入力されていない項目を非表示にする条件分岐をご紹介。カスタムフィールドに値を記入しなくても良い場合など、空白になるそのエリア自体を非表示にしたい時ってありますよね。今回はそんな方法をご紹介しています。 記事を読む

コメントを残す


(必須)