WordPressサイトに前後記事へのリンクを表示させる方法
  • WordPressサイトに前後記事へのリンクを表示させる方法
  • 記事公開:2015/02/24
  • 最終更新:2015/09/15

WordPressサイトに前後記事へのリンクを表示させる方法

WordPressで構築したサイトに前後記事へのリンクを表示させる方法をご紹介します。記事ページの下部などでよく見かける「前の記事」「次の記事」といったナビゲーションリンクです。1分で表示できますので、参考にしてください。

この記事は約 5 分で読めます。

前後記事へのリンクを表示させる方法

それでは、前後記事へのリンクを表示させる方法をご紹介します。
基本的にコピペでOKです。

前後記事へのリンクを表示させるときは、以下のテンプレートタグを使用します。

<?php previous_post_link(); ?>
<?php next_post_link(); ?>

上段が「前の記事へのリンク」を表示させるタグ。
下段が「次の記事へのリンク」を表示させるタグ。

上記のタグを前後記事へのリンクを表示させたい箇所に貼り付けましょう。
貼り付けると、前後記事のタイトルをアンカーテキストにしたリンクが表示されます。

あとは、リンクをリストタグで囲むなど自由に装飾して完成です。

よくあるカスタマイズ

前後記事へのリンクを表示させるとき、よくあるカスタマイズをご紹介します。
カスタマイズは色々とあるのですが、今回は3つのカスタマイズをピックアップしました。

アンカーテキストを記事タイトル以外にする。

先ほどご紹介したタグを設置すると、アンカーテキストは自動的に記事タイトルになります。
アンカーテキストを変更する場合は、タグを以下の様に編集してみましょう。

<?php previous_post_link('%link', '前の記事へ'); ?>
<?php next_post_link('%link', '次の記事へ'); ?>

【前の記事へ】【次の記事へ】を、アンカーテキストにしたいテキストに変更するだけです。

リンクをマークアップする。

表示させるリンクの前後にマークを表示させたいという意見もよく聞きます。
例えば、リンクの前に矢印を表示さる場合は、タグを以下の様に編集します。

<?php previous_post_link('←%link', '前の記事へ'); ?>
<?php next_post_link('%link→', '次の記事へ'); ?>

リンクの前後をマークアップする時は【%link】の前後にタグを設置しましょう。
上記の場合は、HTMLの特殊文字を記述して【←前の記事へ】【次の記事へ→】と表示させるようにしています。

同一カテゴリーの前後記事へリンクさせる。

最初にご紹介したデフォルトのタグは、全ての記事を対象にリンクを表示させています。
しかし、同一カテゴリーの【次の記事へリンク】を表示させたいというのもよく聞く意見です。

同一カテゴリー内の前後記事へのリンクを表示させる場合は、以下の様にタグを編集します。

<?php previous_post_link('%link', '前の記事へ', TRUE); ?>
<?php next_post_link('%link', '次の記事へ', TRUE); ?>

【TRUE】という記述が増えていますが、これが「同一カテゴリー」と定義している部分です。

この時、注意が必要なのは【TRUE】を定義する時は、【%link】と【前の記事へ】の部分を合わせて記述しなければいけないところです。

アンカーテキストを変更しない場合でも、以下の様な記述をしなければいけません。

<?php previous_post_link('%link', '%title', TRUE); ?>
<?php next_post_link('%link', '%title', TRUE); ?>

加えてもう1点だけ注意しておきます。

この同一カテゴリー内の前後記事へのリンク表示は、【Intuitive Custom Post Order】というプラグインと相性が悪いようです。【Intuitive Custom Post Order】を有効化した状態では、同一カテゴリー内の前後記事へのリンクは正常に表示できませんでした。

【Intuitive Custom Post Order】をご利用中の方は注意してください。

まとめ

WordPressサイトに前後記事へのリンクを表示させる方法をご紹介しました。

既存のWordPressテーマには、そのほとんどに実装されていると思います。
オリジナルテーマを作成する時や、独自にカスタマイズしたい時、参考にしてください。

今回のコンテンツが誰かの役に立つとうれしいですね。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2016/10/12

    コンタクトフォーム7に確認用チェックボックスを追加するだけで得られる2つの効果!!

    コンタクトフォーム7に確認用チェックボックスを追加するだけで得られる2つの効果をご紹介しています。確認用チェックボックスの必要性に関して真剣に考えたことがない方は読んでみてください。 記事を読む

  • 2017/12/01

    WordPressで記事を予約投稿する方法

    WordPress には、記事の予約投稿機能が標準で装備されています。暇なときなどに記事を書き溜めておき、毎日1記事ずつ公開するなど、予約投稿の使い方は色々。今回は、WordPress の記事を予約した日時に自動投稿する方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2018/05/20

    functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法

    WordPressのfunctions.phpは、編集を誤るとサイトや管理画面が真っ白になってアクセスできなくなります。そんな時の1分でできる復旧方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2015/09/17

    WordPressのテキストエディタにプラグインを使わずオリジナルボタンを設置する方法

    WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご存知ですか?頻繁に利用するタグを呼び出すオリジナルボタンを設置するだけでも、作業効率は大きく向上します。今回は、プラグインを使うことなく、WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご紹介いたします。 記事を読む

  • 2019/03/20

    ライバルサイトが利用しているWordPressテーマを調べる2つの方法

    WordPressで構築されたサイトを見ていると、そのサイトで利用されているテーマが何なのか、無性に気になることってありませんか?そんな時にパッと利用されているテーマを調べる方法をご紹介します。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA