WordPressで不要になったプラグインを停止・削除する手順+有効化
  • WordPressで不要になったプラグインを停止・削除する手順+有効化
  • 記事公開:2015/01/20
  • 最終更新:2015/09/17

WordPressで不要になったプラグインを停止・削除する手順+有効化

このページでは、WordPressで不要になったプラグインを停止・削除する方法をご紹介します。使わないプラグインを有効化しておくとサイトの速度が遅くなったり、-ポイントがいくつかあります。不要なプラグインがあるのであれば、このページを参考に停止・削除してみましょう。

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

プラグインを停止する手順

wordpress-plugins-delete_001

まずは、プラグインの管理画面にアクセスしましょう。
管理画面左メニューから「プラグイン」をクリックします。

wordpress-plugins-delete_002

次に停止させたいプラグインの「停止」をクリックします。

wordpress-plugins-delete_003

「停止」をクリックするとページが更新されます。
停止したプラグインを見ると、上記のように停止状態になります。

プラグインを削除する手順

wordpress-plugins-delete_001

まずは、プラグインの管理画面にアクセスしましょう。
管理画面左メニューから「プラグイン」をクリックします。

wordpress-plugins-delete_004

次に削除したいプラグインの「削除」をクリックします。
予め「停止」させておかないと「削除」は表示されません。

wordpress-plugins-delete_005

上記のような確認画面が表示されます。
「はい、これらのファイルを削除します」をクリックしてください。

wordpress-plugins-delete_006

プラグインの一覧から削除したプラグインが無くなっています。

停止したプラグインを有効化する手順

wordpress-plugins-delete_001

まずは、プラグインの管理画面にアクセスしましょう。
管理画面左メニューから「プラグイン」をクリックします。

wordpress-plugins-delete_006

有効化したいプラグインの「有効化」をクリックしましょう。

wordpress-plugins-delete_008

「有効化」をクリックすとページが更新されます。
有効化したプラグインを見ると、上記のように有効化状態になっています。

まとめ

WordPressで不要になったプラグインを停止・削除する手順+有効化をご紹介いたしました。

プラグインを利用していると、停止・削除・有効化を行う機会は多くあると思います。
難しい手順ではありませんので、この機会に覚えておくと便利です。

誤って必要なプラグインを停止・削除しないように注意してください。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-01-23

    特定記事のアイキャッチを表示する方法

    特定記事のアイキャッチを取得する方法をご紹介します。とある仕事で特定記事のアイキャッチを表示させる必要があり、調べてみたのでやりかたをまとめてみました。誰かの参考になるとうれしいです。 記事を読む

  • 2017-08-17

    【WordPress】投稿を保存した後もカテゴリー構造を保持する方法

    WordPressの投稿を保存するとカテゴリーの構造が保持されないのをご存知でしょうか?パッと見てカテゴリー構造が分からないので後々面倒な事になる可能性があります。投稿保存してもカテゴリー構造が保持されるようにするカスタマイズをご紹介します。 記事を読む

  • 2015-10-26

    1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法

    1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法をご紹介します。複数の値を一つのカスタムフィールドで管理したいかは必見です。3分後には1つのカスタムフィールドで負k数の値を管理できるようになります。 記事を読む

  • 2014-12-29

    ちょっと手間取った!WordPressで複数のカスタム投稿タイプを設置する方法

    カスタム投稿タイプを複数設置する場合、単純にカスタム投稿タイプを有効にするだけでは正常に動きません。このページでは、複数のカスタム投稿タイプをコピペだけで実装できる手順を解説しています。 記事を読む

  • 2016-04-24

    カスタムフィールドの値が空だった場合の条件分岐

    2016/4/24にコードを修正しました。カスタムフィールドで値が入力されていない項目を非表示にする条件分岐をご紹介。カスタムフィールドに値を記入しなくても良い場合など、空白になるそのエリア自体を非表示にしたい時ってありますよね。今回はそんな方法をご紹介しています。 記事を読む

コメントを残す


(必須)