WordPressのパスワード保護ページをカスタマイズする方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. WordPressのパスワード保護ページをカスタマイズする方法

最近の作業実績

  • 2020年11月09日子テーマの導入で発生した不具合を修正いたしました。
  • 2020年11月09日LPサイトのレイアウトの崩れを修正いたしました。
  • 2020年11月04日カスタム投稿のアーカイブページで発生していた不具合を修正いたしました。
  • 2020年11月04日WordPressサイトのSEO対策に関するアドバイスをご提供いたしました
  • 2020年11月04日WordPressで構築されたサイトのトップページのデザイン一新しました
  • 2020年11月04日ループ部分のデザインを変更いたしました。
  • 2020年10月28日カスタム投稿専用のカレンダーウィジェットを実装いたしました。
  • 2020年10月28日内部SEO対策を最適化いたしました。
  • 2020年10月28日WordPressサイトのサーバー移管を行いました。
  • 2020年10月28日新規サイト(WordPress)を制作いたしました
  • 2020年10月10日既存サイトをWordPressで再構築いたしました。
  • 2020年10月04日WordPress各ユーザーのユーザー名を変更いたしました。
  • 2020年10月04日PHPのバージョンアップに伴うデータベース確立エラーを解消いたしました。
  • 2020年10月04日WordPressサイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2020年10月04日複雑怪奇なテーマ構造の一部を分かりやすく再構築いたしました。
  • 2020年10月04日既存サイトにWordPressを導入いたしました。
  • 2020年09月29日WordPress、プラグイン、テーマ、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2020年09月29日WordPressのセキュリティ対策を導入いたしました。
  • 2020年09月22日WordPressのパスワードをデータベースから直接変更いたしました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマにオリジナルのPHPファイルを実装いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

WordPressのパスワード保護ページをカスタマイズする方法

この投稿は2019/05/04に加筆修正いたしました。

WordPressのパスワード保護ページをカスタマイズする方法をご紹介します。パスワード保護ページのタイトルや本文をカスタマイズする方法です。興味のある方は、3分間だけこのコンテンツを見てください。カスタマイズ方法をマスターできます。

この記事は約 5 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

WordPressのパスワード保護ページとは?

まずは、WordPressのパスワード保護ページに関して解説しておきます。

WordPressのパスワード保護ページとは、「投稿を公開する時に【公開状態】を【パスワード保護】にした場合、その投稿にアクセスすると表示されるパスワードの入力を求めるページ」のことです。

デフォルトですと、以下の様な内容が表示されます。

etyrety

赤枠の部分が自動的に出力される部分です。

WordPressのパスワード保護ページをカスタマイズしよう!

それでは、パスワード保護ページをカスタマイズしていきましょう。
今回は、3つのカスタマイズ方法をご紹介します。

個別に見ていきましょう。

その1:タイトルから「保護中:」を消す。

sfwegf

パスワード保護ページのタイトルには【保護中:】と自動的に表示されます。
上記画像の赤枠部分ですね。

この部分を削除するカスタマイズです。
functions.phpに以下のコードを記述すればOKです。

add_filter('protected_title_format', 'remove_protected');
function remove_protected($title) {
return '%s';
}

上記のコードが設置できたら、パスワード保護ページを確認してみましょう。
【保護中:】という部分が消えています。

タイトルから「保護中:」を消すカスタマイズは以上です。

その2:本文のテキストを変更する。

rtu6yu

パスワード保護ページの本文は、「このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。」と自動的に表示されます。

この部分を任意のテキストに変更するカスタマイズです。
functions.phpに以下のコードを記述すればOKです。

function password_form_kai() {
return
'<p>ここに任意のテキストを記述しましょう。</p>
<form class="post_password" action="' . home_url() . '/wp-login.php?action=postpass" method="post">
<input name="post_password" type="password" size="24" />
<input type="submit" name="Submit" value="' . esc_attr__("パスワード送信") . '" />
</form>';
}
add_filter('the_password_form', 'password_form_kai');

【ここに任意のテキストを記述しましょう。】の部分に、任意のテキストを記述してください。

【このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。】の部分が、【ここに任意のテキストを記述しましょう。】に記述したテキストと指し変わります。

【パスワード送信】部分を変更すると、送信ボタンのテキストが変わります。

本文のテキストを変更するカスタマイズは以上です。

その3:Cookieの期限を変更する。

最後は見た目のカスタマイズではなく、内部的なカスタマイズを一つご紹介します。

WordPressのパスワード保護ページは、一度パスワードを入力して認証を行うと、Cookieが保存(10日間)されるので、その期間は認証なしでページが観覧できてしまいます。

10日間という期間は長すぎると感じる場合もあるかもしれません。
そこで、Cookieが保存される期間を変更するカスタマイズ方法をご紹介します。

以下のコードをfunctions.phpにコピペしてください。

function password_form_cookie() {
require_once ABSPATH . 'wp-includes/class-phpass.php';
$hasher = new PasswordHash( 8, true );
setcookie( 'wp-postpass_' . COOKIEHASH, $hasher->HashPassword( wp_unslash( $_POST['post_password'] ) ), time() + MINUTE_IN_SECONDS, COOKIEPATH );
wp_safe_redirect( wp_get_referer() );
exit();
}
add_action( 'login_form_postpass', 'password_form_cookie' );

上記コードの【MINUTE_IN_SECONDS】部分がCookieの期間を指定している部分です。
上記の設定ですとCookieの期間は【1分間】となります。

この部分を任意の期間になるように変更してください。
基本的な期間を以下にご紹介します。

  • MINUTE_IN_SECONDS(1分間)
  • 30 * MINUTE_IN_SECONDS(30分間)
  • HOUR_IN_SECONDS(1時間)
  • 12 * HOUR_IN_SECONDS(12時間)
  • DAY_IN_SECONDS(1日)
  • 3 * DAY_IN_SECONDS(3日)

Cookieの期限を変更するカスタマイズは以上です。

まとめ

WordPressのパスワード保護ページをカスタマイズする方法をご紹介しました。

今回は基本的なカスタマイズを3種類ご紹介しました。
この他にも、ページ毎にテキストを変更するカスタマイズなどがあります。

他のカスタマイズは次の機会にご紹介しますね。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA