【完全版】WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法
  • 【完全版】WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法
  • 記事公開:2015/02/26
  • 最終更新:2015/09/15

【完全版】WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法

WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法をご紹介します。あらゆる不具合を回避した方法です。参考にしてください。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

検索結果から固定ページを除外してみたが・・・

WordPressの検索機能は、デフォルトのままだと投稿と固定ページの両方が検索対象となります。今回は検索結果から固定ページを除外したいと考えました。

最初に試したのは、以下のコードをfunctions.phpに記述すること。

function SearchFilter($query) {
if (!is_admin() && $query->is_search()) {
$query->set('post_type', 'post');
}
return $query;
}
add_action( 'pre_get_posts','SearchFilter' );

このコードを記述することで、固定ページを検索結果から除外することはできましたが、思わぬ不具合が生じてしまいました。不具合が生じたのは管理画面の左側メニュー「固定ページ」にある「固定ページを検索」の部分です。

wordpress-search-2

この部分で検索を行うと、固定ページを対象に検索を行ってくれるはずなのですが、何と投稿が検索対象となっていて、固定ページを検索することができません。

上記のコードを設置した不具合のようです。

管理画面の「固定ページの検索」を使う機会はあまりありません。
このままでも良いのでしょうが、個人的にしっくりとしません。

そこで別の方法を探すことにしました。

検索結果から「ページ」を除外するならこれで決まり!

不具合を生じさせず、検索結果から固定ページを除外する方法を見つけました!
個人的にこれが決定版だと考えています。

以下のコードをfunctions.phpに記述します。

function SearchFilter($query) {
if ( !is_admin() && $query->is_main_query() && $query->is_search() ) {
$query->set( 'post_type', 'post' );
}
}
add_action( 'pre_get_posts','SearchFilter' );

参考サイト:【WordPressの「検索結果を投稿だけ」表示させる】「pre_get_posts」を使ってCodexのコードをこう書くと問題を回避できます

これで不具合を生じさせず、検索結果から固定ページを除外することができました。

まとめ

WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法をご紹介しました。

最初のコードで不具合が確認されたときは、ちょっと焦りました。
でも、すぐに良いコードを見つけることができてよかったです。

検索結果から固定ページを除外したい場合は、参考にしてください。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-05-26

    WordPressのカテゴリーIDを利用してカテゴリー単位でアイコンやデザインを変える方法

    WordPressのカテゴリーIDを利用してカテゴリー単位でアイコンやデザインを変える方法をご紹介します。プラグインを使わずにコピペだけでカスタマイズ可能です。参考にしてください。 記事を読む

  • 2017-08-17

    WordPressのカテゴリーをプラグインで任意の順番に並び替える方法

    Wordpressのカテゴリーは自動的に並びが決まってしまいます。これを「Category Order and Taxonomy Terms Order」で任意の順番に並び替える方法をご紹介します。参考にしてください。 記事を読む

  • 2015-02-10

    WordPress管理画面の投稿一覧ページに投稿IDを表示させる方法

    WordPress管理画面の投稿一覧ページに投稿IDを表示させる方法をご紹介します。必要を感じてカスタマイズしましたが地味に便利です。参考にしてください。 記事を読む

  • 2015-02-24

    WordPressサイトに前後記事へのリンクを表示させる方法

    WordPressで構築したサイトに前後記事へのリンクを表示させる方法をご紹介します。記事ページの下部などでよく見かける「前の記事」「次の記事」といったナビゲーションリンクです。1分で表示できますので、参考にしてください。 記事を読む

  • 2015-01-13

    WordPressのテキストエディタにプラグインを使わずオリジナルボタンを設置する方法

    WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご存知ですか?頻繁に利用するタグを呼び出すオリジナルボタンを設置するだけでも、作業効率は大きく向上します。今回は、プラグインを使うことなく、WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご紹介いたします。 記事を読む

コメントを残す


(必須)