【完全版】WordPressの検索結果から固定ページを除外する方法
  • 記事公開:2015/02/26
  • 最終更新:2019/05/04

【完全版】WordPressの検索結果から固定ページを除外する方法

WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法をご紹介します。あらゆる不具合を回避した方法です。参考にしてください。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

WordPressの検索結果から固定ページを除外してみたが・・・

WordPressの検索機能は、デフォルトのままだと投稿と固定ページの両方が検索対象となります。今回は検索結果から固定ページを除外したいと考えました。

最初に試したのは、以下のコードをfunctions.phpに記述すること。

function SearchFilter($query) {
if (!is_admin() && $query->is_search()) {
$query->set('post_type', 'post');
}
return $query;
}
add_action( 'pre_get_posts','SearchFilter' );

このコードを記述することで、WordPressの検索結果から固定ページを除外することはできましたが、思わぬ不具合が生じてしまいました。不具合が生じたのは管理画面の左側メニュー「固定ページ」の中にある「固定ページを検索」の部分です。

wordpress-search-2

この部分で検索を行うと、固定ページを対象に検索を行ってくれるはずなのですが、何と投稿が検索対象となっていて、固定ページを検索することができません。

上記のコードを設置した不具合のようです。

管理画面の「固定ページの検索」を使う機会はあまりありません。
このままでも良いのでしょうが、個人的にしっくりとしません。

そこで別の方法を探すことにしました。

WordPressの検索結果から固定ページを除外するならこれで決まり!

不具合を生じさせず、検索結果から固定ページを除外する方法を見つけました!
個人的にこれが決定版だと考えています。

カスタマイズの方法は、以下のコードをfunctions.phpに記述するだけです。

function SearchFilter($query) {
if ( !is_admin() && $query->is_main_query() && $query->is_search() ) {
$query->set( 'post_type', 'post' );
}
}
add_action( 'pre_get_posts','SearchFilter' );

参考サイト:【WordPressの「検索結果を投稿だけ」表示させる】「pre_get_posts」を使ってCodexのコードをこう書くと問題を回避できます

このコードを記述するだけで、WordPressの検索結果から固定ページを除外することができます。
前述した管理画面の「固定ページを検索」にも不具合は生じていません。

WordPressの検索結果から固定ページを除外したい場合。
上記のコードを採用しておけばOKです。

まとめ

WordPressの検索結果から固定ページを除外する方法をご紹介しました。

最初のコードで不具合が確認されたときは、ちょっと焦りました。
でも、すぐに良いコードを見つけることができてよかったです。

WordPressの検索結果から固定ページを除外したい場合は、参考にしてください。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2019/05/04

    【WordPress】特定のプラグインが動作するようにREST APIを無効化する方法

    WordPressのREST APIを無効化したらプラグインが動かなくなってお困りではありませんか?このページでは、特定のプラグインが動作するようにREST APIを無効化する方法をご紹介しています。ぜひ、参考になさってください。 記事を読む

  • 2019/05/05

    WordPressのダッシュボードにメモを残せるプラグイン【Dashboard Notepad】を導入してみた。

    WordPressのダッシュボードにメモを残せるプラグイン【Dashboard Notepad】を導入してみたのでご紹介します。ダッシュボードにちょっとメモを残したいときなどに便利です。 記事を読む

  • 2019/05/05

    Contact Form 7のよくあるカスタマイズが解説された必読スライドショー。

    Contact Form 7をかっこよくカスタマイズしたい方はいませんか?私もContact Form 7を使い始めた頃にお世話になったContact Form 7のよくあるカスタマイズ方法が解説されたスライドショーをご紹介します。 記事を読む

  • 2019/05/04

    WordPressに新着記事の一覧を表示する方法。get_postsで簡単!

    WordPressに新着記事の一覧を表示する方法をご紹介しています。関数の【get_posts】を使う簡単な方法です。新着情報の表示にプラグインは必要ありません。【get_posts】を使った新着情報の表示をマスターしてください。 記事を読む

  • 2019/05/05

    【WordPressの予約語】カスタム投稿名などで使えない文字列のまとめ

    WordPressには予約語と言ってカスタム投稿名などでの使用が禁止されている変数があります。予約語を使ってしまうと予期せぬ不具合が生じます。今回はWordpressの予約語をまとめてみました。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA