WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる。
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる。

最近の作業実績

  • 2020年09月06日絞り込み検索機能をプラグインを使わずに実装いたしました。
  • 2020年09月06日ページネーションでページが遷移できない不具合を修正いたしました。
  • 2020年09月01日アイキャッチが未設定の場合、デフォルト画像を表示するようにカスタマイズいたしました。
  • 2020年09月01日WordPressの条件分岐が正常に動作するように修正いたしました。
  • 2020年08月31日ページネーションの不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月31日常時SSL化の不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月30日ループ部分のレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月30日カスタムフィールドに対応した絞り込み検索機能を実装いたしました。
  • 2020年08月26日アーカイブページの説明文が2P目以降に表示されないよう修正いたしました。
  • 2020年08月26日ログイン画面のエラーを修正いたしました。
  • 2020年08月26日パンくずナビをschema.orgに対応した形式で再構築いたしました。
  • 2020年08月26日サイドバーのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月26日OGPの不具合を解消いたしました。
  • 2020年07月31日アイキャッチ周りの不具合を修正いたしました。
  • 2020年07月31日WordPressサイトのサーバー移管を行いました。
  • 2020年07月24日カスタムタクソノミーに自動的にデフォルトとなるタームが設定されるようにしました。
  • 2020年07月24日セキュリティー対策を導入いたしました。
  • 2020年07月24日子テーマのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年07月24日検索結果ページにカスタムフィールドの値を基準とした並び替え機能を実装しました。
  • 2020年07月15日カスタム投稿とカスタムタクソノミーをプラグインを使わず実装いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。
  • 記事公開:2015/02/28
  • 最終更新:2019/09/15

WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる。

この投稿は2019/09/15に加筆修正いたしました。

検索結果にヒットした件数を表示させたい! WordPressの検索結果にヒットした件数を表示させたいと思ったことはありませんか? ちょっと調べる機会があったので、やり方を書き残しておこうと思います。

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

検索結果にヒットした件数を表示させたい!

WordPressの検索結果にヒットした件数を表示させたいと思ったことはありませんか?
ちょっと調べる機会があったので、やり方を書き残しておこうと思います。

「ちょうど知りたかった!」そんな方は参考にしてください。

ヒット件数の表示は、以下のコードをコピペするだけでOKです。

<?php $allsearch =& new WP_Query("s=$s&posts_per_page=-1");
$key = wp_specialchars($s, 1);
$count = $allsearch->post_count;
if($count!=0){
// 検索結果を表示:該当記事あり
echo '<p>“<strong>'.$key.'</strong>”で検索した結果、<strong>'.$count.'</strong>件の記事が見つかりました。</p>';
}
else {
// 検索結果を表示:該当記事なし
echo '<p>“<strong>'.$key.'</strong>”で検索した結果、関連する記事は見つかりませんでした。</p>';
}
?>

参考サイト:WordPressの検索表示をカスタマイズする

【$key】の部分に検索キーワードが表示されます。
【$count】の部分にヒット件数が表示されます。

前後の文章や装飾は、お好みで変更してください。

上記のコードを、ヒット件数を表示させたい箇所にコピペするだけ。
1分でカスタマイズは完了です。

WordPressサイトの検索結果は、テーマファイルの【search.php】で定義されています。
上記ファイルのループ処理より前に記述すればOKです。

まとめ

WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる方法でした。

検索結果が複数のページに分割されている場合など、最初に件数を表示しておくとユーザビリティの向上につながると思います。簡単なカスタマイズなので挑戦してみてください。

この記事が誰かのお役に立てば幸いです。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA