【Search Regex】WordPressサイト内のキーワード一括置換に便利なプラグイン
MENU
  1. HOME
  2. WordPress
  3. 【Search Regex】WordPressサイト内のキーワード一括置換に便利なプラグイン

最近の作業実績

  • 2024年03月03日リンク回りの設定を調整いたしました。
  • 2024年03月01日CTAボタン周りを調整いたしました。
  • 2024年02月29日ローディング画面を設置いたしました。
  • 2024年02月28日既存サイトにセキュリティ対策を導入いたしました。
  • 2024年02月27日メールフォームの設定を調整いたしました。
  • 2024年02月26日カテゴリー編集画面で投稿と同じエディターを使えるようにカスタマイズいたしました。
  • 2024年02月25日既存サイトにセキュリティ対策を導入いたしました。
  • 2024年02月24日既存サイトにセキュリティ対策を導入いたしました。
  • 2024年02月23日投稿ページで発生していた不具合を解消いたしました。
  • 2024年02月22日PHPのバージョンアップに伴う不具合を解消いたしました。
  • 2024年02月21日既存サイトの画像を差し替えました。
  • 2024年02月20日既存サイトに新規ページを作成いたしました。
  • 2024年02月19日画像の差し替えを担当させていただきました。
  • 2024年02月18日サイト上に記事一覧を表示いたしました。
  • 2024年02月17日メールフォームの不具合を解消いたしました。
  • 2024年02月16日既存サイトにスパム対策を導入いたしました。
  • 2024年02月15日リンク回りの不具合を解消いたしました。
  • 2024年02月14日不完全な常時SSL化を正常な状態にいたしました。
  • 2024年02月13日既存サイトにセキュリティ対策を導入いたしました。
  • 2024年02月12日WAF周りで発生していた不具合を解消いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

【Search Regex】WordPressサイト内のキーワード一括置換に便利なプラグイン

この投稿は2019/03/04に加筆修正いたしました。

Search Regexで投稿や固定ページの内容を一括置換する方法をご紹介します。管理画面から特定の文字列を検索し、一括置換できれば便利だと思いませんか?プラグイン「Search Regex」なら一括置換が簡単に行えます。

この記事は約 4 分で読めます。

キーワードの一括置換に便利なプラグイン「Search Regex」とは?

WordPressで構築したサイト内にある特定のキーワードを一括で置換したいことってありませんか?例えば【WordPress】を【ワードプレス】に一括置換したいなど。

そんな時に便利なのが、サイト内にあると特定のキーワードを一括置換できるプラグイン【Search Regex】です。

指定したキーワードをサイト内から検索して、別のキーワードに一括で置換することができます。
一括置換ではなく、キーワード単位で個別に置換することも可能ですよ。

使い方を覚えておくと、色々な仏場面で役に立ちます。

Search Regexをインストールする手順

Search Regexの使い方を説明する前に、まずはSearch Regexをインストールしておきましょう。
Search Regexのインストール方法は、下記のコンテンツを参照してください。

[ryus_blogcard url=”https://takayakondo.com/plugin-installation/”]

【Search Regex】で検索すれば、ヒットします。

Search Regexがインストールできたら、次の項目で解説している操作手順に従ってキーワードの一括置換を行ってみましょう。

Search Regexの使い方

Search Regexの使い方を解説します。
Search Regexの使い方は、以下の通りです。

・操作画面に遷移する
・Sourceで検索する範囲を設定する
・キーワードを検索する
・キーワードを一括置換する

詳しく解説していきましょう。

Search Regexの操作画面に遷移する

まずは、Search Regexも操作画面にアクセスしましょう。
ダッシュボード【ツール】⇒【Search Regex】と移動します。

上記がSearch Regexの操作画面です。

キーワードの検索範囲を設定する

キーワードを検索する範囲を設定しましょう。
上記画像の赤枠部分「Source」で検索範囲が設定することができます。

キーワードを検索できる範囲は以下の通りです。

Comment author: コメント欄の名前
Comment author email: コメント欄のメールアドレス
Comment author URL: コメント欄のURL
Comment content: コメント欄の本文
Post content: 投稿
Post excerpt: 投稿の抜粋
Post meta value: カスタムフィールド
Post title: 記事のタイトル
Post URL: 記事のURL

例えば【Post content】を選択すると、投稿本文の中にあるキーワードが検索できます。

キーワードを検索する範囲は複数選択できません。
検索したい範囲が複数の場合は、検索範囲毎に検索を行ってください。

Search Regexでは、カスタム投稿が検索範囲に含まれません。

Search Regexの検索対象にカスタム投稿を含める方法をご覧ください。
Search Regexの検索範囲にカスタム投稿を含める方法をご紹介しております。

キーワードを検索する

上記赤枠部分に検索したいキーワードを入力します。
入力できたら【Search】をクリックしてください。

上記の様に該当するキーワードがズラッと表示されます。

キーワードを置換する

上記画像の赤枠部分に置換したいキーワードを入力します。
入力できたら【Replace & Save】をクリックすることでキーワードが一括で置換されます。

一括置換ではなく、置換するかどうかを個別に決めたい場合

検索したキーワードを一括で置換するのではなく、検索結果の中ら置換するかどうかを個別に決めたい場合の解説です。

各検索結果の右上、上記画像の赤枠部分に【edit】というリンクがあります。
これをクリックすると、編集画面が開きますので、キーワードを探して手動で置換することができます。

まとめ

サイト内のキーワード一括置換できるプラグイン【Search Regex】に関してでした。

  • 「Search Regex」を使えば、サイト内のキーワードを一括で置換できる。
  • 一括置換ではなく、キーワード単位で個別に置換する事もできる。
  • サイト内に散見しているキーワードを一括置換する時などに使える。
  • Search Regexはカスタム投稿が検索対象にならないが、カスタマイズで検索対象にできる。
  • 詳しくはSearch Regexの検索対象にカスタム投稿を含める方法を参照。

今回のコンテンツでご不明な部分があれば、お問い合わせからお問い合わせください。

Wordpressのカスタマイズや不具合など
何かお困りのことはありませんか?

Wordpressに関連するあなたのお悩み、解決いたします。
次のような方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトに不具合が発生したが、直し方が分からない。不具合の修正経験が豊富な人に任せたい。
  • 既存サイトにWordPressを導入したいが、やり方が複雑で自分ではできそうにもない。経験が豊富な人に任せたい。
  • WordPressがハッキングされたが修正の仕方が分からない。サイトを元通りにできる人を探している。
  • Wordpressで0からサイトを制作したいが、自分ではできそうにもない。プロにサイト制作を委託したい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressに関して今すぐ相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA