ライバルサイトが利用しているWordPressテーマを調べる2つの方法
  • ライバルサイトが利用しているWordPressテーマを調べる2つの方法
  • 記事公開:2016/08/03
  • 最終更新:2019/03/20

ライバルサイトが利用しているWordPressテーマを調べる2つの方法

WordPressで構築されたサイトを見ていると、そのサイトで利用されているテーマが何なのか、無性に気になることってありませんか?そんな時にパッと利用されているテーマを調べる方法をご紹介します。

この記事は約 6 分で読めます。

ライバルサイトが利用しているWordPressのテーマを調べたい

これは私だけなのかもしれませんが、他の方が運営しているWordPressで構築されたサイトを見ていると、そのサイトで利用されているテーマが何なのか、無性に気になる時があります。

無料テーマなどを利用している場合は、フッターなどにテーマ名が記載されているパターンが多いのですが、そうでないサイトは何のテーマを使っているのかはパッと見では判別できません。特にカスタマイズしているサイトならなおさらです。

それでも、利用しているWordPressのテーマを調べたい!そんな方のために、ライバルサイトが使用しているWordPressのテーマを簡単に調べる方法をご紹介します。

ライバルサイトが使用しているWordPressテーマを調べる方法

今回は2つの方法をご紹介します。

・WEBサービスを使って使用しているWordPressのテーマを調べる
・GOOGLEクロームの拡張機能を使って使用しているWordPressのテーマを調べる

個別に見ていきましょう。

WEBサービスを使って使用しているWordPressのテーマを調べる

海外のWEBサービスを利用して、使用しているWordPressのテーマを調べる方法です。
このWEBサービスは無料で使うことができますので、ご安心ください。

今回ご紹介するWEBサービスは、ライバルサイトのURLを入力するだけで、使用しているWordPressのテーマを調べることができる優れもの。

それが「What WordPress Theme Is That?」です。

wordpress-theme-confirmation_001

使い方は簡単で、URLを入力して虫眼鏡ボタンをクリックするだけ。
これだけで、そのサイトで利用しているテーマを解析してくれます。

虫眼鏡ボタンをクリックすると、下記の画面に切り替わります。

上記画面の赤く塗りつぶされている部分に注目してください。
この部分に利用中のテーマ名が表示されます。

テーマ名以外にも配布元など色々な情報が表示されます。
上記の青く塗りつぶされている部分に情報が表示されています。

上記の画面が表示されず、以下の様な英文が表示される場合があります。

「WordPress theme detected is called wcb3, but no further details can be determined. It is probably a customized theme」

これは「テーマの詳細が取得できなかったよ。独自開発のテーマを使ってるのかもしれないね。」という意味です。

URLを入力するだけで、ライバルサイトのWordPressテーマが何か調べることができます。
前述したソースコードから確認する方法が面倒な方は、こちらの方法がおすすめです。

GOOGLEクロームの拡張機能を使って使用しているWordPressのテーマを調べる

使用する拡張機能は【WPSNIFFER】です。

拡張機能というのは、GOOGLEクロームに色々な機能を追加できる仕組みです。
GOOGLEクローム上でしか動作しませんので、GOOGLEクロームをお持ちでない方は、インストールをしておいてください。

GOOGLEクロームのインストール方法はこちらを参照してください。

WPSNIFFERのインストール手順

WPSNIFFERの配布ページ

上記のページにアクセスしてください。

赤枠部分をクリックします。

ポップアップウィンドウで確認画面が表示されます。
【拡張機能を追加】をクリックすればインストール完了です。

WPSNIFFERでWordPressのテーマを調べる

拡張機能がインストールできたら、テーマを調べたいサイトにアクセスしましょう。
アクセスしたら、ブラウザの右上に表示されている【WPSNIFFER】のアイコンをクリックします。

上記が【WPSNIFFER】のアイコンです。

アイコンをクリックすると、上記の様なポップアップウィンドウが表示されます。
赤枠部分に表示されているのが、そのサイトで使用されているテーマの名前です。

サイトにアクセスして、アイコンをクリックするだけでテーマを調べられます。
簡単で良いですね。

まとめ

ライバルサイトが利用しているWordPressテーマを調べる3つの方法をご紹介しました。

あまり需要がない内容だったかもしれませんね。
まぁ今回は私の備忘録としてコンテンツにさせていただきました。

もしも今回のコンテンツが役立ったなら幸いです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2019/03/05

    WordPressのテーマ編集画面に保存ボタンが表示されていない時の対処法

    WordPressのテーマ編集画面に保存ボタンが表示されておらず「テーマが更新できない!」と濃い待った経験はありませんか?その原因はファイルのパーミッションにあります。詳しく解説してみました。 記事を読む

  • 2017/07/21

    複数のWordPressプラグインをまとめてインストールする方法

    複数のWordPressプラグインをまとめてインストールする方法をご紹介します。プラグインを一括でインストールされたい方は必見です。3分後には複数のプラグインをサクッとインストールできるようになっています。 記事を読む

  • 2019/03/05

    WordPressのカスタマイズに役立つ条件分岐を基本からマスターしよう!

    WordPressの条件分岐に関して分かりやすく解説してみました。条件分岐を覚えておけば、WordPressテーマの開発などできることが一気に広がります。WordPressの条件分岐をマスターしたい方は、このコンテンツを7分間だけ読んでみてください。条件分岐を使いこなせるようになります。 記事を読む

  • 2015/10/02

    WordPressユーザー必見!自動的に記事を下書き投稿する方法

    WordPressサイトに1日1回記事を投稿するため、自動的に記事を下書き保存するカスタマイズを行いました。1日1回【今日も記事を書けよ!】というタイトルで記事が下書き保存されます。自動的に催促される仕組みです。コピペで実装できますので、よければ実装してください。 記事を読む

  • 2015/10/07

    WordPress管理画面のあなたのプロフィールで項目を追加したり削除する方法

    WordPress管理画面のあなたのプロフィールで項目を追加したり削除する方法をご紹介します。プロフィールの項目を増やしたい方や減らしたい方は参考にしてください。コピペだけで3分後にはプロフィールの項目を自由自在にカスタマイズできてしまいます。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA