WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しよう。
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しよう。

最近の作業実績

  • 2022年10月18日不要になっていたコンテンツをサイト内から除去いたしました。
  • 2022年10月17日サイト内の画像が表示されない不具合を修正いたしました。
  • 2022年10月16日サイト内で発生した大量の404エラーを修正いたしました。
  • 2022年10月15日既存サイトの各所を簡単に更新できる機能を追加いたしました。
  • 2022年10月14日過去記事を定期的に自動ツイートする機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月13日サイト内の広告を一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月12日既存サイトのトップページを再構築いたしました。
  • 2022年10月11日クラシックエディターで管理されていたコンテンツをブロックエディターで再構築いたしました。
  • 2022年10月10日複数のサイトの更新情報を一括表示させる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月09日WordPressの管理画面にオリジナルの管理ページを実装いたしました。
  • 2022年10月08日コンタクトフォーム7で構築されたフォームに確認画面とサンクスページを導入いたしました。
  • 2022年10月07日既存サイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2022年10月06日フッターのレイアウトを再設計いたしました。
  • 2022年10月05日既存サイトのカラーを一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月04日新規ページを5ページ作成いたしました(デザイン込み)。
  • 2022年10月03日訪問者に閲覧履歴を表示する機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月02日ログインできなくなったWordPressを復旧いたしました。
  • 2022年10月01日オリジナルテーマの制作を担当いたしました。
  • 2022年09月30日破損していたテーマを修正いたしました。
  • 2022年09月29日アフィリエイト審査用のサイト立ち上げを担当いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しよう。

この投稿は2019/05/05に加筆修正いたしました。

WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しましょう。スクリーンショットを設置しておけば、インストール済みのテーマから目的のテーマをパッと見て見つけることが出来て便利です。スクリーンショットを設置していない方、ぜひ参考にしてください。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置するとは?

WordPressの管理画面からテーマを選択する時、テーマ一覧には、そのテーマのスクリーンショットが表示されるのが一般的です。

sgeg

このスクリーンショット表示は、必須ではありません。
スクリーンショットを表示させなくても、テーマは正常に動作します。

ですが、スクリーンショットがある方が、どの様なテーマなのかパッと見てイメージを掴むことが出来て便利です。

自身で利用するだけのテーマであれば、スクリーンショットは無くても問題ありませんが、テーマを一般公開する予定のある方は、スクリーンショットを設置した方が利用者に対して親切かなと思います。

eruw5u

スクリーンショットを設置していないテーマは、上記の様に表示されます。
何となく未完成な印象を受けるのは私だけでしょうか・・・。

オリジナルテーマにスクリーンショットを設置する手順

スクリーンショットを設置する手順を解説していきます。
簡単な作業なので、3分程度で完了しますよ。

早速見ていきましょう。

手順1:オリジナルテーマのスクリーンショットを撮る。

まずは、完成したオリジナルテーマを適用して、TOPページのスクリーンショットを撮りましょう。
撮り方は、特に何でも構いません。

WindowsのPCをお使いであれば、キーボードの[Print Screen]キーを押してスクリーンショットを撮り、ペイントなどで保存すればOKです。

Googleクロームをご利用であれば、拡張機能の【Awesome Screenshot】などでスクリーンショットを撮ることも可能です。

手順2:スクリーンショットを加工する。

続いて、スクリーンショットを加工していきます。

スクリーンショットのサイズに関しては【880×660】pxで、png形式が推奨されています。
詳しくは、以下の引用をご確認ください。

テーマのスクリーンショットを作ります。ファイル名は screenshot.png と付け、テーマディレクトリに保存する。スクリーンショットはテーマのデザインを正しく反映し、PNG形式で保存する。推奨する画像サイズは 880×660。実際には 387×290 のサイズで表示されますが、画像サイズを2倍にすることで画面解像度の高い HiDPI ディスプレイにも対応できます。注:場合により、 .jpg、.jpeg、.gif は 有効な拡張子 でスクリーンショットのファイル形式です。 (推奨ではありません).
https://wpdocs.osdn.jp/より引用

サイズは【880x660px】
ファイル形式は【.png】
ファイル名は【screenshot.png】

この3点だけ抑えておきましょう。

手順3:スクリーンショットを設置する。

設置するファイルが完成したら、設置していきましょう。
設置は、FFFTPなどからスクリーンショットをサーバー上にアップしてやるだけです。

テーマディレクトリにアップロードしてやります。
index.phpやheader.phpと同じ階層ですね。

/【WordPressが設置されている場所】/wp-content/themes/【テーマ名】

上記の【テーマ名】のフォルダにアップしてやれば、設置は完了です。

手順4:スクリーンショットが設置できたか確認する。

最後に、スクリーンショットが正常に設置できたのか確認してやりましょう。
確認方法は簡単です。

管理画面の【外観】⇒【テーマ】にアクセスして、オリジナルテーマのスクリーンショットが表示されていればOK。正常に設置されています。

まとめ

WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置する方法をご紹介しました。

個人で利用するオリジナルテーマであれば、スクリーンショットは無くてもよいかもしれませんが、一般公開するテーマであれば、スクリーンショットがある方が親切ですよね。

スクリーンショットは簡単に設置できますので、この機会に試してみてください。

Wordpressのカスタマイズや不具合など
何かお困りのことはありませんか?

Wordpressに関連するあなたのお悩み、解決いたします。
次のような方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトに不具合が発生したが、直し方が分からない。不具合の修正経験が豊富な人に任せたい。
  • 既存サイトにWordPressを導入したいが、やり方が複雑で自分ではできそうにもない。経験が豊富な人に任せたい。
  • WordPressがハッキングされたが修正の仕方が分からない。サイトを元通りにできる人を探している。
  • Wordpressで0からサイトを制作したいが、自分ではできそうにもない。プロにサイト制作を委託したい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressに関して今すぐ相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA