wp_is_mobile()を使ってPCとスマホの表示内容を切り替える方法【WordPress】
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. wp_is_mobile()を使ってPCとスマホの表示内容を切り替える方法【WordPress】

最近の作業実績

  • 2021年08月03日スマホサイトにフルウィンドウで展開する開閉式メニューを実装いたしました。
  • 2021年08月02日WordPressにSmartNews対応フィードを実装いたしました。
  • 2021年08月01日カスタムイールドを導入してコンテンツを更新しやすくいたしましました。
  • 2021年07月31日トップページの構造を変更いたしました。
  • 2021年07月30日コンテンツの変更に伴うレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2021年07月29日WordPressで新規サイトを立ち上げました。
  • 2021年07月08日既存サイトのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2021年07月07日既存サイトにアニメーションを追加いたしました。
  • 2021年07月05日既存サイトにライトボックスを導入いたしました。
  • 2021年07月05日フルスクリーンナビゲーションを導入いたしました。
  • 2021年07月02日カスタムフィールドの導入と出力を担当いたしました。
  • 2021年07月01日CSVファイルを使った一括更新環境を整備いたしました。
  • 2021年06月30日WordPressとプラグインのバージョンアップを担当いたしました。
  • 2021年06月29日WordPressで発生していた不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月28日2つのWordPressサイトを統合いたしました。
  • 2021年06月22日オリジナルテーマを制作いたしました。
  • 2021年06月21日カスタムフィールド周りの不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月20日WordPressのエラーを修正いたしました。
  • 2021年06月19日SSL化の不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月18日セキュリティ対策を導入いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

wp_is_mobile()を使ってPCとスマホの表示内容を切り替える方法【WordPress】

この投稿は2019/09/15に加筆修正いたしました。

WordPressでPCとスマホの表示内容を切り替える方法をご紹介しています。wp_is_mobile()を使ってデバイスを判別する条件分岐です。コピペ用のコードも記載しておりますので、ご利用ください。

この記事は約 7 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行しております。ご希望のカスタマイズがあればお気軽にご相談ください。

レスポンシブデザインのサイトを制作していると、PCとスマホで表示する内容を切り替えたい場面に出くわします。

こんな時パッと思いつくのは、デバイスの横幅で表示内容を切り替える方法。しかし、デバイスの種類(PCかスマホか)を判別して内容を切り替えたい時もあります。

そんなときは、条件分岐を使いましょう。
WordPressには、スマホかPCかを判別する機能がデフォルトで備わっています。

条件分岐を使えば、PCとスマホで表示内容を切り替えることができます。

  • テーマ内でPCとスマホの表示内容を切り替える=PHPコード
  • 投稿や固定ページでPCとスマホの表示内容を切り替える=ショートコード

今回は、条件分岐を使ってスマホとPCで内容を切り替える2種類の方法をご紹介します。

テーマ内でPCとスマホの表示内容を切り替える条件分岐【PHPコード】

テーマ内でPCとスマホの表示内容を切り替えたい場合、wp_is_mobile()を使います。
詳しく見ていきましょう。

条件分岐タグ:wp_is_mobile()とは?

条件分岐タグ【wp_is_mobile】は、スマホからのアクセスかどうかを判別します。

スマホからのアクセスだったら~
スマホからじゃない(PCからの)アクセスだったら~

上記のように分岐して表示する内容を切り替えることができます。

wp_is_mobile()を使うときは、1点だけ注意が必要となります。

wp_is_mobile()は、タブレットもスマホとして処理するという部分です。
wp_is_mobile()は、純粋にPCとスマホで表示内容を切り替えられるわけではありません。

【PC】と【スマホ(タブレット含む)】という分岐になります。
この点は注意してください。

wp_is_mobile()を使ったPCとスマホの表示内容を切り替える条件分岐コード

wp_is_mobile()を使った条件分岐で、PCとスマホの表示内容を切り替える場合は、以下のようなコードを記述します。

<?php if ( wp_is_mobile() ) : ?>
ここに記述した内容はスマホの場合(タブレットも含む)のみ表示されます。
<?php else: ?>
ここに記述した内容はPCの場合のみ表示されます。
<?php endif; ?>

上記はPHPコードです。
投稿や固定ページ内では使用できないので注意してください。

投稿や固定ページでPCとスマホの表示内容を切り替える分岐を使いたい場合は、【ショートコードを使って投稿や固定ページでPCとスマホの表示内容を切り替える方法】を参考にしてください。

前述しましたが、wp_is_mobile()は、タブレットもスマホとして処理します。

場合によっては、タブレットをPC側に含めたい場合もあるかと思います。
【PC(タブレット含む)】と【スマホ】という分岐ですね。

上記のような場合は、次の【タブレットをPCに含めたい場合はオリジナル関数を作成しよう】をご覧ください。解決策をまとめております。

タブレットをPCに含めたい場合はオリジナル関数を作成しよう

【PC(タブレット含む)】と【スマホ】で表示内容を切り替えたい場合は、純粋なスマホからのアクセス(タブレットを含まない)を判別するオリジナルの関数を作成してやりましょう。

タブレットを含めないスマホからのアクセスかどうかを判別して、スマホからのアクセスとそれ以外(PCとタブレット)で表示内容を切り替えてやります。

まず、以下のコードをfunctions.phpに追記してください。

function is_mobile(){
$useragents = array(
‘iPhone’, // iPhone
‘iPod’, // iPod touch
‘Android.*Mobile’, // 1.5+ Android *** Only mobile
‘Windows.*Phone’, // *** Windows Phone
‘dream’, // Pre 1.5 Android
‘CUPCAKE’, // 1.5+ Android
‘blackberry9500’, // Storm
‘blackberry9530’, // Storm
‘blackberry9520’, // Storm v2
‘blackberry9550’, // Storm v2
‘blackberry9800’, // Torch
‘webOS’, // Palm Pre Experimental
‘incognito’, // Other iPhone browser
‘webmate’ // Other iPhone browser

);
$pattern = ‘/’.implode(‘|’, $useragents).’/i’;
return preg_match($pattern, $_SERVER[‘HTTP_USER_AGENT’]);
}

参考サイト:WordPressでスマートフォン・タブレット・PCで表示を変更する条件分岐方法

PC(タブレット含む)とスマホの表示内容を切り替える場合は、以下のようにコードを記述します。

<?php if ( is_mobile() ) : ?>
ここに記述した内容はスマホの場合のみ表示されます。
<?php else: ?>
ここに記述した内容はPC(タブレット含む)の場合のみ表示されます。
<?php endif; ?>

PC(タブレット含む)とスマホで表示内容を切り替えたい場合は、こちらの方法を使いましょう。

こちらのコードも投稿や固定ページでは使用できません。

投稿や固定ページでPCとスマホの表示内容を切り替える条件分岐【ショートコード】

投稿や固定ページでPCとスマホの表示内容を切り替えたい場合、ショートコードを使います。
投稿や固定ページのエディタ内では、PHPコードが動作しないためです。

PCとスマホの表示内容を切り替えるショートコードを作成する

まずは、PCとスマホの表示内容を切り替えるショートコードを作成しましょう。
以下のコードをfunctions.phpに追記します。

function if_pc($atts, $content = null ) {
$content = do_shortcode( $content);
if(!wp_is_mobile()) {
return $content;
}
}
add_shortcode('pc', 'if_pc');

function if_sp($atts, $content = null ) {
$content = do_shortcode( $content);
if(wp_is_mobile()) {
return $content;
}
}
add_shortcode('sp', 'if_sp');

上記のコードをコピペするだけで、ショートコードの作成は完了です。

投稿や固定ページでPCとスマホの表示内容を切り替えてみる

先ほど作成したショートコードは、以下のように使います。

[pc]ここに記述した内容はPCの場合のみ表示されます。[/pc]
[sp]ここに記述した内容はスマホの場合のみ表示されます。[/sp]

PCの場合のみに表示したい内容は、[pc]と[/pc]で囲ってやります。
スマホの場合のみに表示したい内容は、[sp]と[/sp]で囲ってやります。

今回のショートコードを使用することで、投稿や固定ページの中でも、PCとスマホの表示内容を切り替えることができます。

このショートコードは、同じページ内で何回でも使うことができます。

まとめ

wp_is_mobile()を使ってPCとスマホの表示内容を切り替える方法をご紹介しました。

  • テーマ内でPCとスマホの表示内容を切り替える=PHPコード
  • 投稿や固定ページでPCとスマホの表示内容を切り替える=ショートコード

2種類の方法をを使えば、サイト内のほとんどの場所で、スマホとPCで表示内容を切り替えることができます。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressのカスタマイズを相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA