wp_count_posts()を使ってWordPressの記事数を取得する方法
  • wp_count_posts()を使ってWordPressの記事数を取得する方法
  • 記事公開:2018/03/26
  • 最終更新:-------------

wp_count_posts()を使ってWordPressの記事数を取得する方法

wp_count_posts()を使ってWordpressの投稿数、固定ページの件数、カスタム投稿の投稿数を取得して表示させる方法をご紹介します。コピペで実装可能なカスタマイズです。興味のある方は参考にしてください。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressサイトの記事数を取得する

WordPressサイトの制作案件で、サイトの記事数を表示させたいというご要望をいただきました。
投稿の件数、固定ページの件数、カスタム投稿の件数、これらを表示させたいとのご要望です。

投稿の件数を表示させたことはこれまでにもあったのですが、固定ページとカスタム投稿の件数を表示させた経験は一度もありませんでした。

難しいのかな~と心配していたのですが、これがすっごく簡単でした。
投稿の件数と同じで、wp_count_posts()を使って表示させることが可能です。

やり方をまとめましたので、参考にしてください。

wp_count_posts()を使って投稿数などを表示させる方法

投稿の件数、固定ページの件数、カスタム投稿の件数、それぞれの取得方法を解説します。

以下で紹介する方法で取得できるのは、公開済みの件数となります。
下書きや非公開の場合は、件数として計算されません。

この点だけ注意してください。

投稿の件数を表示させるコード

投稿の件数を表示させたい場所に以下のコードを記述してやります。

<?php
$count_post = wp_count_posts();
$count_posts = $count_post->publish;
?>
投稿の記事数は<?php echo $count_posts; ?>です。

下書きを件数に含めたい場合は【publish】を【draft】に変更してください。

固定ページの記事数を取得

固定ページの件数を表示させたい場所に以下のコードを記述してやります。

<?php
$count_page = wp_count_posts('page');
$count_pages = $count_page->publish;
?>
固定ページの件数は<?php echo $count_pages; ?>です。

下書きを件数に含めたい場合は【publish】を【draft】に変更してください。

カスタム投稿タイプの記事数を取得

カスタム投稿の件数を表示させたい場所に以下のコードを記述してやります。

<?php
$count_custom_post = wp_count_posts('カスタム投稿名');
$count_custom_posts = $count_custom_post->publish;
?>
カスタム投稿の件数は<?php echo $count_custom_posts; ?>です。

【カスタム投稿名】は、件数を表示したいカスタム投稿の名前に書き換えてください。

下書きを件数に含めたい場合は【publish】を【draft】に変更してください。

まとめ

wp_count_posts()を使ってWordpressの記事数を取得する方法をご紹介しました。

サイトのTOPページなどに投稿件数などを表示させたい時、役立つ方法です。
よろしければ、参考にしてください。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2016-03-29

    WordPressのfunctions.phpがある場所

    WordPressのfunctions.phpがある場所をご存知ですか?WordPressに触れたばかりで知らなという方は、絶対に覚えておいた方が良い知識です。3分間だけ時間を確保して、このコンテンツに目を通してください。functions.phpの場所を理解することが出来ます。 記事を読む

  • 2016-07-21

    カスタムフィールドの値によってコンテンツを変える条件分岐

    カスタムフィールドの値によってコンテンツを変える条件分岐をご紹介します。カスタムフィールドの値がAなら文章をAを、値がBなら文章Bを表示させる条件分岐です。3分程度で理解できますので、この機会にマスターしてください。 記事を読む

  • 2017-11-23

    WordPressで親カテゴリー直下の子カテゴリーのみを取得する方法

    WordPressで親カテゴリー直下の子カテゴリーのみを取得する方法をご紹介します。カテゴリーページで、そのカテゴリーに属する直下のカテゴリーだけをリストアップしたい場合、このコンテンツはお役に立てます。参考にしてください。 記事を読む

  • 2017-07-21

    WordPressで画像のアップロード先を変更する手順

    WordPressで画像のアップロード先を変更する手順をまとめてみました。メディアからアップロードした画像の保存場所を変えたい方は、ぜひご覧ください。5分程度の作業で画像のアップロード先を変えることができます。 記事を読む

  • 2016-02-15

    WordPressの記事を簡単に複製できるプラグイン「Duplicate Post」

    WordPressの記事を簡単に複製できるプラグイン「Duplicate Post」をご紹介します。記事を作成する時にひな形記事を複製して使っている方などに便利なプラグインです。このコンテンツを読んだ3分後には、記事をポンポン複製できる様になります。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA