【WordPress】プラグインを使わずにページのTOPへ戻るリンクを設置してみた。
  • 【WordPress】プラグインを使わずにページのTOPへ戻るリンクを設置してみた。
  • 記事公開:2015/06/14
  • 最終更新:2016/08/22

【WordPress】プラグインを使わずにページのTOPへ戻るリンクを設置してみた。

プアラグインを使わずに「ページのTOPへ戻るリンク」を設置する方法をご紹介します。個人的にプラグインの数は少ない方が良いと考えているので今回の作業を行ってみました。「ページのTOPへ戻るリンク」を設置したい方は、参考にしてください。

この記事は約 6 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

ページのTOPへ戻るリンクを見直すことに。

ワードプレスのプラグインの数が増えてきたので、必要のないプラグインを削除することにしました。ザッと使用中のプラグインを確認してみると、別にプラグインを利用しなくても良いかなと思えるモノがチラホラとあります。

【Dynamic To Top】もそんな中の一つでした。

このプラグインは「ページのTOPへ戻るリンク」をサイトの右下に表示させるためのもの。
サイトを立ち上げた当初に導入したのですが、別にプラグインを使用しなくても設置できます。

そこで【Dynamic To Top】を削除して、プラグインを使わない形で実装することにしました。

今回はプラグインを使用せず「ページのTOPへ戻るリンク」を設置する方法をご紹介します。

jQueryでページのTOPへ戻るリンクを実装してみた。

p[p@[
ちょっと分かりにくいですが、上記画像の右下にあるのがTOPへのリンクです。

設置方法はメチャクチャ簡単です。
何かをダウンロードしたりアップロードする必要はありません。

WordPressの管理画面からコピペだけで実装可能でした。
編集するファイルは、テーマファイルの中にある【footer.php】です。

HTML

まず、footer.phpの【</body>】より上の部分に以下のコードを設置します。

<a href="#top" class="page_top">▲</a>

【▲】の部分は自由に編集してください。
【TOPへ】などテキスト形式にしても大丈夫です。

Javascript

続いてJavascriptを設置します。
まずは、jQueryを読み込むコードを記述しましょう。

設置する箇所はヘッダー.phpでも良いのですが、今回はfooter.phpに記述します。
以下のコードを記述してください。

<script type="text/javascript" src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js"></script>

続いて処理を記述します。

<script type="text/javascript">
$(function() {
var pageTop = $('.page_top');
pageTop.hide();
$(window).scroll(function () {
if ($(this).scrollTop() > 600) {
pageTop.fadeIn();
} else {
pageTop.fadeOut();
}
});
pageTop.click(function () {
$('body, html').animate({scrollTop:0}, 500, 'swing');
return false;
});
});
</script>

ここまでの作業で「ページのTOPへ戻るリンク」は設置できています。
続いて、リンク部分の装飾をCSSで行います。

CSS

HTMLでリンク部分に「.page_top」を設定していますので、「.page_top」をCSSに追記して好みの装飾を行いましょう。以下のコードは実際にこのサイトで採用している装飾になります。

.page_top {
position:fixed;
bottom:10px;
right:10px;
width: 50px;
height: 50px;
-webkit-border-radius: 50%;
-moz-border-radius: 50%;
border-radius: 50%;
color:#fff;
font-size:20px;
text-decoration:none;
background:#2EA2CC;
border: 3px solid #ffffff;
text-align: center;
line-height: 50px;
}

装飾は自由に定義してください。
CSSで装飾が完了すれば「ページのTOPへ戻るリンク」の設置は完了です。

お疲れ様でした。

まとめ

ページのTOPへ戻るリンクを再設置してみました。

今回の作業を行うにあたり「【jQuery】スクロールすると現れるページトップへボタンの設置方法」を参考にさせていただきました。

非常に簡単に設置できますので、ぜひ実践してみてください。
プラグインの数も減らせるので、今回の様なカスタマイズは個人的にはオススメです。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 複数のWordPressプラグインをまとめてインストールする方法

    複数のWordPressプラグインをまとめてインストールする方法をご紹介します。プラグインを一括でインストールされたい方は必見です。3分後には複数のプラグインをサクッとインストールできるようになっています。 記事を読む

  • WordPressの投稿画面でエディタのスクロール位置を固定するなら「Preserve Editor Scroll Position」が便利!

    WordPressの投稿を下書き保存すると本文のスクロールバーが最上部まで戻ってしまい、書きかけの部分まで移動して続きを書く。これって面倒じゃないですか?今回は投稿を下書き保存しても保存した部分を表示したままにできる「Preserve Editor Scroll Position」をご紹介します。 記事を読む

  • WordPressのthe_excerpt()に付与されるpタグを削除する方法+α

    WordPressのthe_excerpt()に付与されるpタグを削除する方法をご紹介します。Pタグが付与されていない抜粋を表示させたい方は参考にしてください。Pタグを削除する方法と、もう一つPタグの付与されていない抜粋を表示する方法をご紹介しています。 記事を読む

  • プラグインは使わない!WordPressサイトに高品質なパンくずナビをコピペで設置する方法

    プラグインを使わずにWordPressサイトに高品質なパンくずナビをコピペで設置する方法をご紹介します。設置はコピペだけで実装可能です。興味のある方は3分間だけコンテンツを確認してみてください。 記事を読む

  • 1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法

    1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法をご紹介します。複数の値を一つのカスタムフィールドで管理したいかは必見です。3分後には1つのカスタムフィールドで負k数の値を管理できるようになります。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)