【レスポンシブデザイン】不要な要素をCSSだけで非表示にする方法
  • /
  • 【レスポンシブデザイン】不要な要素をCSSだけで非表示にする方法
  • 記事公開:2019/02/25
  • 最終更新:2019/03/06

【レスポンシブデザイン】不要な要素をCSSだけで非表示にする方法

レスポンシブデザインなどで、この要素はPCでは表示させたいが、スマホでは非表示にしたいといったケースがあるかと思います。特定の要素をCSSだけで消す方法をご紹介します。

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

不要な要素は【display:none】で非表示にできる

レスポンシブデザインのサイトを構築する時。
スマホ表示の場合は、この要素を非表示にしたいというケースによくぶつかります。

手っ取り早く要素を非表示にしたいのであれば、非表示にしたい要素に【display:none】を指定してやりましょう。

@media screen and (max-width: 460px){
.test {display:none}
}

上記の場合、スクリーンサイズが460px以下になると、要素【test】を非表示にできます。

@media screen and (max-width: 460px){
.test, .test2 {display:none}
}

上記の場合、要素【test】と要素【test2】を非表示にできます。

【display:none】を使うやり方は、CSSのみで対応できますのでとても簡単ですね。

【display:none】を使って非表示にできるのはサイト上だけです。
ソースコードには非表示した部分も出力されています。

【display:none】の使用リスク

【display:none】の使用は、SEO的に不利になるかもしれません。

非表示にしているコンテンツが隠しコンテンツと判断される可能性があるためです。
隠しコンテンツはGoogleペナルティにつながりかねないスパム行為と言われています。

詳しくは、「display:none」はSEO効果を下げる/Google発言、長い論争に決着をご覧ください。

SEO面を考えるのなら、PCとスマホで表示する要素を切り替える方法が良いかもしれません。
この方法でも【PCでは要素を表示させるが、スマホでは要素を非表示にする】ことができます。

詳しくは、PCとスマホで表示する要素を自在に操る条件分岐をご覧ください。

まとめ

不要な要素をCSSだけで非表示にする方法をご紹介しました。

要素に【display:none】を指定してやるだけで、非表示することができます。
SEO面でリスクがあることを除けば、最もお手軽な方法だと思います。

SEO面が気になる方は、PCとスマホで表示する要素を切り替える方法がお奨めです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2019/03/06

    CSSで高さ100%のボックスを作成する方法

    CSSで高さ100%のボックスを作成する方法をご紹介します。ある要素の高さを親要素の高さ一杯にしたい場合があるかと思います。今回はそんな時のCSSの記述の仕方です。参考にしてください。 記事を読む

  • 2015/09/14

    たったの3分!WEBサイトの背景に動画を敷く方法

    とある案件でWEBサイトの背景に動画を敷く機会がありました。この機会に動画を背景に敷く方法と、動画背景を実装するときの注意点を分かりやすくまとめてみました。動画背景の実装をご検討中の方、参考にしてください。 記事を読む

  • 2018/09/03

    知らずに損した!最初・最後・奇数・偶数・○番目など、要素を指定して装飾する方法

    疑似クラスを使うことで、CSSを複雑にすることなく指定要素を装飾することができます。「この3番目のliタグだけ色を変えたい」など特定の要素だけを装飾したいケースの参考にしてください。 記事を読む

  • 2019/03/06

    CSSだけで長い文字列を「…」と省略表示する方法

    CSSだけで長い文字列を省略表示する方法をご紹介します。文字列が要素からはみ出す場合、末尾に「…」を付けて省略表示させる方法です。興味のある方は、3分間でカスタマイズ方法をマスターしてください。 記事を読む

  • 2019/07/10

    ランディングページでも使える!JavaScriptで作るカウントダウンタイマー

    JavaScriptで作るカウントダウンタイマーをご紹介します。ランディングページなどにカウントダウンタイマーを設置したい方は参考にしてください。1分後には本格的なカウントダウンタイマーの設置方法をマスターすることが出来ます。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA