「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法
  • 「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法
  • 記事公開:2015/01/18
  • 最終更新:2015/09/17

「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法

【Contact Form 7】の入力欄に入力例を表示させる方法をご紹介します。メールフォームの入力欄に薄く入力例が表示されるのがありますが、Contact Form 7でも同じことができます。手順を知りたい方は続きをお読みください。

この記事は約 4 分で読めます。

「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法

contact-form-7_input-example_000

上記のようにContact Form 7で作成したメールフォームの入力欄に予め入力例を表示させる方法をご紹介します。Contact Form 7はインストール済みとして解説をさせていただきますので、予めご了承ください。

入力例の表示は特に難しいカスタマイズなど必要なく、メールフォームの管理画面から設定することができます。詳しい手順を見ていきましょう。

まずは、新規でメールフォームを作成するケースの設定方法です。

手順1:メールフォームの新規作成画面にアクセスする。

contact-form-7_input-example_001

まずは、メールフォームの新規作成画面にアクセスしてください。
管理画面の「お問い合わせ」⇒「新規追加」⇒「新規追加」と移動しましょう。

手順2:項目作成時に入力例を設定する。

contact-form-7_input-example_002

入力例の設定は、項目作成時に行います。
項目の新規作成は【タグの作成】をクリックして任意の項目を選択します。
上記はテキスト項目を作成するときの画面です。

contact-form-7_input-example_003

入力例は、上記画像の赤枠部分で行います。

デフォルト値 (オプション)に【表示させたい入力例】を記述しましょう。
上記の画像では【ああああああああああああ】と入力してみました。

【このテキストをプレースホルダーとして使いますか?】にチェックを入れます。

あとは、生成されたコードをフォームに貼り付ければ作業完了です。

手順3:入力例が表示されていることを確認する。

contact-form-7_input-example_000

メールフォームの作成が完了したら、メールフォームを表示させ、上記画像の様に入力例が表示されていることを確認してください。

もしも、正常に表示できていない場合、該当箇所のタグに問題があると考えられます。
半角スペースが無くなっているなど、問題点が無いか確認してください。

問題点が見つからない場合、改めて管理画面からタグを作成しましょう。
あれこれと悩むより手っ取り早いです。

既存メールフォームに入力例をコピペで表示させる方法

先ほどは、新しくメールフォームを作成する過程で、入力例を表示させる方法をご紹介しましたが、ここでは既存のメールフォームに入力例を表示させる方法をご紹介します。

基本的にコピペだけの簡単な作業です。

[text* your-name class:form_test]

まず、入力例を表示させたい部分のコードを探します。
今回は、上記のコードに入力例を表示させるコードを追加してみます。

以下の様にコードを追加させましょう。

[text* your-name class:form_test placeholder "例:田中一郎"]

【placeholder “例:田中一郎”】をコードの最後に追加しました。
この様にコードを追加すると、下の画像の様に入力例が表示されます。

contact-form-7_input-example_002

入力例を表示させたい場合【placeholder “ここに表示させる内容”】を、既存コードの最後に追加すれば、入力例を表示させることができます。

まとめ

「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法をご紹介しました。

「Contact Form 7」って、メールフォームに必要な部分はほとんど押さえていますよね。
改めて「Contact Form 7」のすごさに感心してしまいました。

メールフォームに入力例を記述すると、フォームの送信率も向上する傾向にあります。
難しい作業ではありませんので、この機会に実装されてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • WordPressの記事を簡単に複製できるプラグイン「Duplicate Post」

    2016-02-15

    WordPressの記事を簡単に複製できるプラグイン「Duplicate Post」をご紹介します。記事を作成する時にひな形記事を複製して使っている方などに便利なプラグインです。このコンテンツを読んだ3分後には、記事をポンポン複製できる様になります。 記事を読む

  • functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法

    2016-03-29

    WordPressのfunctions.phpは、編集を誤るとサイトや管理画面が真っ白になってアクセスできなくなります。そんな時の1分でできる復旧方法をご紹介します。 記事を読む

  • WordPressの投稿画像に任意のclassを自動的に追加する方法

    2016-10-24

    WordPressの投稿画像に任意のclassを自動的に追加する方法をご紹介します。画像にオリジナルのクラスを追加しておけば、装飾の幅が広がるのではないでしょうか?ご興味のある方はご覧ください。3分間でマスターできます。 記事を読む

  • WordPressユーザー必見!自動的に記事を下書き投稿する方法

    2015-10-01

    WordPressサイトに1日1回記事を投稿するため、自動的に記事を下書き保存するカスタマイズを行いました。1日1回【今日も記事を書けよ!】というタイトルで記事が下書き保存されます。自動的に催促される仕組みです。コピペで実装できますので、よければ実装してください。 記事を読む

  • WordPressの投稿を複数のページに分割する方法

    2015-01-03

    投稿を書いていると内容が非常に多くなり、複数のページに分割したいケースがあるかと思います。WordPressには、1つの投稿や固定ページを複数のページに分割する機能が標準で装備されています。このページでは、投稿や固定ページを複数のページに分割する方法をご紹介しています。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

CAPTCHA