WordPressのthe_excerpt()に付与されるpタグを削除する方法+α
MENU
  1. HOME
  2. WordPress
  3. WordPressのthe_excerpt()に付与されるpタグを削除する方法+α

最近の作業実績

  • 2021年07月08日既存サイトのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2021年07月07日既存サイトにアニメーションを追加いたしました。
  • 2021年07月05日既存サイトにライトボックスを導入いたしました。
  • 2021年07月05日フルスクリーンナビゲーションを導入いたしました。
  • 2021年07月02日カスタムフィールドの導入と出力を担当いたしました。
  • 2021年07月01日CSVファイルを使った一括更新環境を整備いたしました。
  • 2021年06月30日WordPressとプラグインのバージョンアップを担当いたしました。
  • 2021年06月29日WordPressで発生していた不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月28日2つのWordPressサイトを統合いたしました。
  • 2021年06月22日オリジナルテーマを制作いたしました。
  • 2021年06月21日カスタムフィールド周りの不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月20日WordPressのエラーを修正いたしました。
  • 2021年06月19日SSL化の不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月18日セキュリティ対策を導入いたしました。
  • 2021年06月17日ページ内リンクの不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月17日既存サイトのデザインを一部修正いたしました。
  • 2021年06月17日オリジナルテーマを制作いたしました。
  • 2021年06月17日既存ページの編集と新規ページを作成いたしました。
  • 2021年06月17日資料のダウンロードフォームを設置いたしました。
  • 2021年06月17日オリジナルテーマを制作いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

WordPressのthe_excerpt()に付与されるpタグを削除する方法+α

この投稿は2019/06/23に加筆修正いたしました。

WordPressのthe_excerpt()に付与されるpタグを削除する方法をご紹介します。Pタグが付与されていない抜粋を表示させたい方は参考にしてください。Pタグを削除する方法と、もう一つPタグの付与されていない抜粋を表示する方法をご紹介しています。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行しております。ご希望のカスタマイズがあればお気軽にご相談ください。

【the_excerpt()】に付与される pタグを削除したい!

WordPressサイトで記事の抜粋を表示させる場合、抜粋を表示させたい箇所に
【<?php the_excerpt(); ?>】と記述するのが基本的なやり方です。

これだけでも抜粋を表示させることはできるのですが、この方法だと抜粋には自動的にpタグが付与されてしまいす。特に気にならない方は、そのままでも良いのですが、レイアウトの関係などでpタグを付与させたくないケースも出てくるかと思います。

今回は、【<?php the_excerpt(); ?>】で表示させる抜粋からPタグを削除する方法をご紹介します。

WordPressの抜粋に関して詳しく知りたい方は、WordPressの抜粋で知っておくべき基本と3つのカスタマイズも参考にしてください。

【<?php the_excerpt(); ?>】に付与される pタグを削除する方法

【<?php the_excerpt(); ?>】で表示させる抜粋からPタグを削除する方法は2つあります。
どちらを使っても構いませんが、両方覚えておくと良いでしょう。

個別に解説をしていきます。

functions.phpにコードを追加する方法

お馴染みのfunctions.phpにコードを一行追記してやる方法です。
以下のコードをfunctions.phpに追記してやりましょう。

remove_filter('the_excerpt', 'wpautop');

これだけで、【<?php the_excerpt(); ?>】からPタグが削除されます。

テーマファイルの複数の箇所で【<?php the_excerpt(); ?>】を使用している場合は、functions.phpにコードを追記するだけで一括設定できる今回の方法がお勧めかと思います。

ただ、ここの抜粋はPタグを削除したいが、こちらの抜粋はPタグを削除したくないなど、場所によってPタグの有無を変えたい場合は、全ての【<?php the_excerpt(); ?>】からPタグが削除される今回の方法は使えません。

そんな場合は、次の方法がお勧めです。

get_the_excerpt()を使用する方法

抜粋を表示させる場合【<?php the_excerpt(); ?>】の他に【get_the_excerpt()】というコードがあります。
この【get_the_excerpt()】は、表示される抜粋にPタグが付与されません。

つまり、抜粋のPタグを削除するのではなく、最初からPタグが付与されない抜粋を表示させることができるのが【get_the_excerpt()】なのです。

<?php echo get_the_excerpt(); ?>

【get_the_excerpt()】を使うときは、抜粋を表示させたい箇所に上記のコードを記述してください。

ここの抜粋はPタグを削除したいが、こちらの抜粋はPタグを削除したくないなど、場所によってPタグの有無を変えたい場合は、Pタグが必要な個所では【<?php the_excerpt(); ?>】、不必要な個所では【get_the_excerpt()】と使い分けることで表現の幅が広がります。

まとめ

WordPressのthe_excerpt()に付与されるpタグを削除する方法をご紹介しました。

the_excerpt()に付与されるpタグを削除する方法、the_excerpt()ではなくget_the_excerpt()を使用する方法、2つの方法をご紹介しましたが、ご自身の環境に合わせて方法を選択してください。

functions.phpを編集して画面が真っ白になった場合は、慌てず【functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法】を参照してください。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressのカスタマイズを相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA